MENU

名古屋市中川区・中村区・港区の外壁塗装専門店【塗り替え一番屋】|無料診断依頼受付中

見積無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-364-664電話受付9:00~18:00 水曜日定休

  • 来店予約でクオカード進呈 来店予約はこちらから
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

塗り替えブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 塗り替えブログ > 外壁塗装 塗料関連情報 > 外壁塗装の塗り替え時期っていつ?おすすめの季節と注意点も解説

外壁塗装の塗り替え時期っていつ?おすすめの季節と注意点も解説

外壁塗装 塗料関連情報

2021.10.22 (Fri) 更新

「外壁塗装はいつするべきなの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

使用した塗料や立地条件にもよりますが、710年あたりを目安に行うのがおすすめです。

 

また施工時期については、春・秋がおすすめ。

しかし人気の季節ということもあり予約が埋まりやすいため、この時期に施工をしたい場合は、早めに業者と連絡をとっておく必要があります。

 

この記事では、目安時期の詳細について・外壁塗装と季節に関するメリットやデメリット・塗装にかかる日数などをご紹介します。

まずは外壁塗装を行う大まかな目安となる、年数からチェックしていきましょう。

 

外壁塗装の塗り替え時期の目安は7~10年

外壁塗装は、710年を目安にチェックしておきましょう。

 

外壁塗装に使用される塗料は、10年前後で耐久年数(物理的・科学的に性能を維持できる年数)を迎えます。

そのためこのタイミングで、一度ご自身でチェックしておくことが重要です。

 

ただし、お家の立地条件や使用している塗料によっても、お手入れするタイミングは変わります。

ここでは塗料のざっくりとした耐久年数と、お手入れが必要な外壁の症状についてご紹介します。

 

塗料の種類・塗り替え目安となる時期

外壁塗装には、ウレタン・シリコン・フッ素など、さまざまな塗料が使われています。

だいたいの塗料は10年前後持ちますが、中には67年しかもたないものも。

 

塗料の種類と耐久年数の目安は、以下の通りになっています。

塗料の種類

耐久年数

アクリル塗料

6~7年

ウレタン塗料

8~10年

シリコン塗料

10~12年

ラジカル系塗料

8~13年

フッ素塗料

10~15年

キルコート塗料

15~20年

無機塗料

20~25年

 

アクリル塗料は67年なのに対し無機塗料は2025年など、塗料の種類によって幅があることがお分かりいただけるでしょう。

 

しかし、ご自宅の外壁にどの塗料が使われているのかはっきり覚えている方は多くないのではないでしょうか。

そのため、多くの塗料で耐久年数の目安を迎える710年あたりでセルフチェックしておくことが重要です。

 

塗り替えの目安となる症状

 

塗料の耐久年数についてご紹介しましたが、それはあくまで1つの目安であり、絶対のものではありません。

例えば、日当たりのよい家と日陰の家、山間の家と海沿いの家とでは、外壁にかかる負担が異なることはイメージしやすいのではないでしょうか。

 

そのため「710年」を目安とし、実際に我が家の外壁に手入れが必要か、以下の6項目をそれぞれ確認しましょう。

色あせ・くすみ

早急な塗り替えは必要ありませんが、準備を考え始めましょう。

色あせ・くすみが確認できた場合、念のため外壁診断を行うのをおすすめします。

色あせ・くすみの例

チョーキング(白亜化)

チョーキングとは外壁に触れた際、手に白い粉がつく現象のことで、「白亜化」とも言います。

劣化のサインで、塗り替え時期を表します。

チョーキング(白亜化)の例

カビ・藻

カビや藻が確認できたら、外壁内部で繁殖する前に早急に対応しましょう。

 

またカビがある場合は、ご家族がアレルギー反応を起こしてしまう場合もあります。

小さなお子さまがいたり、アレルギーのある方がいたりする場合は特に要注意です。

カビや藻の例

シーリング・コーキングの異常

ひび割れていたり剥離していたりする場合は、要注意です。

隙間から水が入り込む可能性があるため、お手入れが必要です。

シーリング・コーキングの異常の例

サビ

サビは、放置すると穴が開いてしまいます。

放置せず、塗装を行いましょう。

サビの例

ひびわれ

ひびわれが起きている場合は、早めの対処が必要です。

放置し全面に広がってしまうと、塗り替えよりもさらに費用のかかる張り替えになる可能性があります。

ひびわれの例

対処が必要な症状は主に上記でご紹介した6つです。

しかし、ほかに塗装の膨張や腐食などがあった場合も、放置せず対処するようにしましょう。

 

外壁塗装の塗り替えにおすすめの季節と注意点

外壁塗装の塗り替えを行うなら、春や秋の時期がおすすめです。

この時期であれば気象条件に施工が左右されることも少なく、比較的予定しているスケジュール通りに施工が進みます。

 

しかし外壁塗装はもともと、通年で施工可能なもの。

外壁塗装はなぜ春・秋がおすすめなのか、その理由をここからご紹介します。

塗り替えができる条件は「5℃以上・85%以下」

外壁塗装は、温度が5℃以下・湿度が85%以上の場合や雨天時は施工できません。

これは気温が低すぎたり、湿度が高すぎたりすると塗料がきちんと固まらないことや、結露が発生し仕上がりに影響が出ることなどが関係します。

 

加えて職人の作業のしやすさも考慮すると、

  • 猛暑の中の作業になるうえ、ゲリラ豪雨や台風が襲う夏
  • 雨が多く、作業が中断しやすい梅雨
  • 職人の手がかじかみ作業しにくく、霜や夜露・雪が降り気温も低い冬

以外、つまり春と秋がもっともスムーズに施工できるのです。

外壁塗装と四季

「気候条件・職人の施工しやすさを考慮すれば春・秋が最適」とは言っても、塗装自体は通年で可能です。

加えて近年の気象条件をかんがみれば、あえて春・秋からずらして施工スケジュールを組むのもおすすめと言えます。

 

そこで外壁塗装と四季について、その季節を選ぶメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

ただし沖縄と北海道を同列で語れないように、お住まいの地域により気候や台風の多さ・降雪の頻度などが異なります。

 

以下の表はあくまで参考としてチェックしてみてください。

季節

メリット

デメリット

塗装条件に合う気候で、外壁塗装にぴったり

人気の季節で、予約が埋まりやすい傾向にあります。
2
3か月前に予約を入れておくと安心です。

梅雨

予約が空く傾向にあります。
業者によっては、施工スケジュールが空くこのタイミングでお得なキャンペーンをしていることも。

雨や湿度により施工が延期になることもあります。
工期が延びてしまいやすい点に注意しましょう。

からっとした気候のため、施工に向いています。

・近年増えたゲリラ豪雨や台風により、施工が延期になる場合も。

・ネットや養生テープを貼るため、天気が良い日も窓を開けられなかったり洗濯ものの外干しができなかったりします。

・ 空調は利用できますが、時折室外機が排気・吸気をうまくできず効きが悪い場合もあります。

・飛散防止シートで覆われるため、室内に熱が籠もりやすい傾向にあります。

・ 8月前半はお盆前施工の駆け込みで予約が埋まりやすいです。

塗装条件に合う気候で、外壁塗装にぴったりです。

春と同じく人気の季節で、予約が埋まりやすい傾向にあります。
2
3か月前に予約を入れておくと安心です。

年内に塗り替えをし、綺麗な外壁で新年を迎えられます。

・ 5℃以下では塗装ができないため、冷え込む日や夜露が出た日、寒冷地では工期が延びる可能性があります。

・日照時間が短いため1日の施工時間が長く取れず、工期を長めにとる必要があります。

・積雪エリアでは113月あたりまで施工ができない場合もあります。

・年内の駆け込みで予約が埋まりやすいです。

 

梅雨時期の外壁塗装 注意点は?

梅雨時期は雨による休工が起こりやすいものの、施工は可能です。

注意点としては、以下の2点が挙げられます。

  • 休工が起きても問題ないよう、スケジュールは長めに見ておく
  • 施工が杜撰(ずさん)な業者に依頼すると、雨天決行し仕上がりに影響する・すぐに塗装がはがれ23年後に再塗装が必要になるなどのトラブルに遭うことがあるため、しっかり業者選びをする

 

梅雨時期は依頼が減ることもあり、とにかく施工数を増やして、施工費を稼ぎたい業者がキャンペーンを打ち出します。

キャンペーンを打ち出している業者すべてが悪徳というわけではありませんが、見極めをしっかりする必要が高い時期です。

 

また「塗り替え一番屋」なら、梅雨時期でもしっかりと高品質な施工をいたします。

いつでも、ぜひお気軽にご相談ください。

ウォール様バナー

梅雨時期の施工例:名古屋市港区 外壁塗装工事施工事例 M様邸

<施工前>

施工前例

<施工後>

施工後例

お客様コメント等 詳しくはこちら:名古屋市港区 外壁塗装工事施工事例 M様邸

 

外壁塗装の塗り替えにかかる日数は?

外壁塗装と四季に関して、春・秋はスムーズに進む、梅雨・夏・冬は延びる可能性がある、とご紹介しました。

しかし、そもそも外壁塗装に何日ほど日数が必要なのかわからない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「塗り替え一番屋」では、30坪のお家で710日ほどかかるとご説明しています。

上記でご紹介した外壁塗装工事施工事例 M様邸も、施工日数は12日でした。

 

少数精鋭の自社職人のみで施工を行うため、他社よりも少々長めのスケジュールを組ませていただいています。

 

外壁塗装の塗り替えのタイミングに迷ったら「塗り替え一番屋」へご相談を

ここまで、外壁塗装の塗り替え目安、症状からみる塗り替えの目安、適している時期などをご紹介してきました。

しかし、症状の見極めやどの程度の進行で依頼するべきなのか、悩んでしまう方も多くいらっしゃるでしょう。

 

そんなときは、名古屋市地域密着・完全自社施工の外壁塗装専門店「塗り替え一番屋」までぜひお気軽にご相談ください。

外壁塗装のプロ・雨漏り診断のプロがしっかりと、対処の必要性についてチェックいたします。

 

外壁診断ご希望の方は「無料屋根外壁診断」、雨漏り診断ご希望の方は「無料雨漏診断」、お見積りご希望の方は「無料お見積り依頼・お問い合わせ」からご相談ください。

まとめ

外壁塗装の塗り替えは710年を目安にしておくと安心です。

その際、チョーキング・ひび割れ・シーリングの剥離などの症状があった場合は、ぜひお近くの塗装専門店へご相談ください。

 

名古屋市にお住いの方は、特に「塗り替え一番屋」がおすすめです。

完全自社施工で高品質な施工をいたしますので、安心してお任せください。

ウォール様バナー

 

名古屋の外壁塗装&雨漏り専門店 塗り替え一番屋ホームページへようこそ

塗り替え一番屋
代表取締役中村一徳
KAZUNORI NAKAMURA

確かな技術力を提供し続けている「名古屋地域密着の塗り替え一番屋」と申します!

塗り替え一番屋では、私が職人出身ということもあり、他社にはない「技術力」という点にこだわっております。なぜなら、塗装は同じ塗料・同じ道具・同じ工程で行ったとしても、職人の技術力によって品質が大きく変わってくるからです。
塗装という商品は繊細で、常にお客様のお家の状態をよく観察します。それに合わせて1塗り1塗り丁寧に行わなければ、塗料の性能を100%引き出すことは不可能です。
塗り替え一番屋では、塗装専門店として、名古屋市中川区・港区・熱田区・中村区に住む方のお家を長持ちさせるお手伝いをしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

名古屋地域の屋根・外壁を安心安全に塗装して長持ちさせるために全力を尽くします。

塗り替え一番屋の事が良くわかる特別ムービー

  • 名古屋ショールーム アクセスマップ

    住所
    〒454-0921
    愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
    連絡先
    TEL:052-364-6641 
    FAX:052‐364‐6643
    営業時間
    9:00~18:00 水曜日定休

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-364-664
受付時間 9:00~18:00 水曜日定休

無料お見積依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
来店予約でクオカードプレゼント!

塗り替えブログ・新着情報STAFF BLOG

ホームページをご覧の方へ 今だけ限定価格 外壁塗装49.8万円 アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 屋根外壁塗装相談会 もちろん無料!詳しくはこちら 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!
お客様の声詳しくはこちら 塗り替え一番屋のスタッフ紹介

お見積・資料請求はこちらから

0120-364-664受付 9:00~18:00 水曜日定休

お問い合わせフォーム

塗り替え一番屋 名古屋市の外壁塗装&雨漏り専門店塗り替え一番屋
名古屋ショールーム

〒454-0921
愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
TEL: 052-364-6641
FAX: 052‐364‐6643

対応エリア

対応エリア図