MENU

名古屋市中川区・中村区・港区の外壁塗装専門店【塗り替え一番屋】|無料診断依頼受付中

見積無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-364-664電話受付9:00~18:00 水曜日定休

  • 来店予約でクオカード進呈 来店予約はこちらから
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

塗り替えブログ - 塗り替え塗装工事の工程 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 塗り替えブログ > 塗り替え塗装工事の工程

塗り替え塗装工事の工程の記事一覧

破風板塗装完了の画像例

外壁塗装の作業期間目安って何日?短すぎる業者には要注意!

外壁塗装工事をする場合、家が足場とネットに覆われ窓が開けられません。 そのため「あまりに長くかかるとしんどい」「はやく終わらせてもらいたい」とお思いの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。   外壁塗装は、戸建てで2週間、アパートで3週間、マンションで2か月以上かかります。 外壁塗装はさまざまな工程が含まれており、業者が急いでも日数を短縮することは難しいのです。   しかし、外壁塗装業者は具体的に何を行っているのでしょうか。   この記事では、外壁塗装で行う工程・施工期間について詳しくご紹介します。 まずは、住宅パターン別の施工期間目安からチェックしていきましょう。   外壁塗装にかかる期間の目安はどれくらい? 外壁塗装工事にかかる期間は、一戸建ての場合は2週間程度、アパートの場合は2~3週間程度、マンションは規模によるものの2か月以上が目安となります。 しかし、何をしていてそんなに時間がかかるのか不思議にお思いの方も多くいらっしゃるでしょう。   戸建て・アパート・マンションそれぞれのパターンをご紹介します。 一戸建ての家は2週間程度 一戸建ては比較的スムーズに施工が終わりますが、最低でも2週間弱は必要です。 それは外壁塗装で行う工程は11もあり、いくら業者が急いでも日数の短縮にはならないためです。   ほとんどのケースでは10日~12日程度で終わることが多いですが、雨天時には塗装ができません。 天候によるスケジュール変更の可能性も含めて、2週間程度と考えておきましょう。 アパートの場合は2~3週間程度 アパートの場合は3週間程度を見込んでおくと大幅な変更がなく安心です。   戸建てよりも1週間ほど長く見積もるのは、戸建てと比べ塗装範囲が広くなりやすい・階段や手すりなど鉄部や木部の塗装が必要になる、といった理由によるもの。 ただしアパートの規模や付帯部の有無、劣化状況によってはもう少しかかる場合も考えられます。   3週間程度はあくまで目安として考えておきましょう。 マンションの場合は2か月以上 マンションの場合、その規模や状態により期間が大きく左右されます。 大まかな目安としては50戸規模で2~3か月、それ以上の場合は3~6か月かかる場合も。   戸建てやアパートの場合よりも大規模な施工になるため、塗装はもちろんのこと足場組みや洗浄にも時間がかかったり、職人用に仮設トイレを設置したりする時間が必要となります。   詳しい施工期間は、塗装の専門業者に相談・確認しましょう。 外壁塗装期間の大まかな工程内容 「外壁塗装って、なんでそんなに工程があって時間がかかるの?」とお思いの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 塗装期間中は先ほどご紹介した通り、11もの工程を行う必要があり簡単には日数の短縮はできません。   そこで外壁塗装で行っている工程を、日数の目安とともにご紹介します。 工事着手前 工事に着手する一週間前を目安に、トラブルを避けるためご近所へのあいさつ回りを行います。 音や臭い、職人の出入りなどで後々トラブルを起こさないために重要です。   スケジュールや注意点などを業者に説明してもらい、円満に施工が行えるよう準備しましょう。   またお客様のみであいさつへ行くと、足場を組み立てるため敷地を借りる必要があるが了承してもらえないといった問題が起きる可能性があります。 専門業者が同行すればご近所の不安点を汲み上げ施工に反映させたり、その場で説明し納得してもらったりすることができ安心です。   後々も気持ちよく暮らせるよう、しっかりあいさつ回りに同行してくれる業者を選びましょう。 【工事1日目】足場組み・飛散ネット張り 外壁塗装工事は、足場組み・飛散ネット張りから始まります。 「カーンカーン」といった音が気になる工程ではありますが、一日で終了することがほとんどです。   <足場組みの様子> 【工事2・3日目】高圧洗浄・乾燥   工事2日目には高圧洗浄をして、外壁の汚れや劣化塗料を落とし綺麗にします。 雨天時でも作業ができるため、天候に左右されずスケジュール通りに進むでしょう。   <高圧洗浄の様子> 3日目は、洗浄した外壁をしっかり乾かすために使用します。 乾燥するまでの期間はおよそ半日~1日が目安となりますが、湿度の高い時期や雨天時には長引くこともあります。 【工事4日目】窓などへの養生ビニール貼り 4日目は、塗装を行わない窓やドアなどの部分を養生シートや養生テープを使って保護し、塗装箇所でない部分にも塗料が飛んでしまわないようしっかり覆います。 ほかにも、観葉植物や付近に置いてあるバイク・サッシ・給湯器なども、養生を行う場合があります。 【工事5日目】下地処理 外壁に起こったひび割れや、目地・サッシ廻りのコーキングを補修します。 古い塗料を落とし、サビをやすり落としする「ケレン」と呼ばれる作業もこの工程で行います。   <外壁コーキングの打ち替え完了の様子> 【工事6~8日目】下塗り・中塗り・上塗り いよいよ塗装作業に入っていきます。 工事6日目に下塗り、7日目に中塗り、8日目に上塗りと各工程に1日ずつ使用します。   下塗りは、その後の塗装がしっかり壁に定着するよう薬剤を塗る作業です。 外壁材に合わせて下塗り材を使い分け、必要に応じ複数回塗ることもあります。   <下塗りの様子> 見積もりには下塗り材の名称である「シーラー」「プライマー」「フィラー」「バインダー」といった名称で記載することもあります。   下地を整えたら、7日目・8日目でしっかりと塗料を乗せていきます。   <中塗りの様子> <上塗りの様子> 【工事9日目】鉄部・木部塗り・点検 外壁の塗装が終わった9日目には、雨どい・雨戸・破風版・軒天・ベランダといった付帯部の塗装を行います。 また塗りムラや塗り残しといった不備がないか点検もしっかり実施します。   <破風板塗装完了> 【工事10日目】養生シート・足場撤去 養生シート・足場の撤去を行い、工事終了です。 最終チェックと清掃もここで行います。 【最終日】お客様確認 最終日にお客様に塗装の確認をしていただき、終了となります。   <外壁塗装工事の完了> 施工例のより詳細な記録・画像はこちら:外壁塗装工事施工事例 H様邸 外壁塗装の短期工事業者には要注意! 工程をご確認いただければ、外壁塗装に時間がかかることをお分かりいただけたのではないでしょうか。 各工程をしっかり確実に進めると、2週間程度の期間がかかります。   なかには「一週間以内に施工を終わらせられます」と謳う業者もいますが、 十分な乾燥時間を設けておらず、数年後に不備が出る可能性がある 塗装回数を省略しているため、塗料の機能が充分にいかされない 手抜き工事を行っている といったことが考えられるため利用はおすすめしません。 施工予定期間が10日を切る場合は、注意が必要です。   期間を無理に圧縮しない、きちんとした施工を行う業者へご依頼ください。 外壁塗装の期間は延びることがある 外壁塗装工事を行う際は、業者から何日ほどかかるかといったスケジュールをお伝えします。 しかし、その期間がやむを得ず延びてしまう場合があります。   一体どんなときに施工スケジュールが延びてしまうのか、代表的な3つの原因を確認してみましょう。 雨天時・強風時は塗装作業ができません 雨天時や強風時には、塗装作業ができません。 雨が降っていても足場組みや養生貼りはできますが、塗装そのものは進めることができないため延期となります。   これには、雨粒により綺麗な塗装ができない・塗装できる「湿度85%以下」の条件下から外れてしまう、などが理由です。 中には「これくらいの雨なら大丈夫」と塗装をしてしまう業者もいますが、後々の不備・再塗装につながる恐れがあるため注意が必要です。   また強風時は、飛散防止ネットを張っていても細かなチリ・ゴミ・砂などが付着してしまいやすく、高品質な塗装ができません。 高所作業を行う職人の安全確保も行う必要があり、スケジュールが延期になる可能性があります。   季節を選んで施工スケジュールを組んでも、このように天候によりスケジュールが延びる可能性があります。 冷え込みが厳しい日・冬 冷え込みが厳しく、気温が5℃以下になっているときも塗装ができません。 これは「塗料が固まるまでに時間がかかること」「結露ができやすいこと」が理由です。   特に結露や夜露は外壁の湿度を上げてしまうため、完全に乾くまで塗装へ着手できなくなってしまいます。 そのため塗装を始めるには、5℃以上になるのを待つ必要があるのです。   加えて冬は日照時間が短く、職人が作業時間を取りにくい季節です。 そのため春から秋の時期よりも、施工スケジュールを長めに取る傾向があります。 築年数が古い・住宅の状態が悪いとき 築年数が古い住宅や、立地条件や気候によりダメージを大きく受けている住宅の場合も、施工スケジュールが長くなる可能性があります。 これはケレンを含めて下地補修に時間がかかるためです。   下地処理を1日追加し、しっかり土台を整える場合もあります。 外壁塗装期間中の注意事項 外壁塗装期間中は養生するため、「窓が開けられない」「洗濯物を外に干せない」といった点に、注意が必要です。   施工期間中も換気扇などは使用できますが、窓は締め切りになってしまうため大規模な換気ができません。 洗濯物も、外に干せないため乾きにくい場合があります。   うっかり窓を開けてしまうと養生が破れ再度張る必要ができたり、塗料の臭いや洗浄の水が入ったりする可能性があるため注意しましょう。 外壁塗装期間中は、お茶出しや差し入れはいる? 外壁塗装の期間中、お茶出しや差し入れは必要かとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし職人へのお茶出し・差し入れは不要です。   また施工期間中、必ずしも在宅の必要はないため、お仕事やお出かけ・外泊なども可能です。 まとめ 外壁塗装にかかる期間は、一戸建てで2週間、アパートで3週間、マンションは2か月以上が目安となります。   外壁塗装には数多くの工程があり、職人が急いで作業をしても期間を短くすることは難しいもの。 そのため、一週間以内に仕上げるといった謳い文句の業者が訪ねてきたら注意しましょう。   また施工スケジュールは天候により延びる可能性がある・期間中は窓を開けられない、といった点も把握しておく必要があります。 目安となる期間を把握し、しっかり丁寧な塗装をしてくれる業者を選びましょう。  

2021.10.26(Tue)

詳しくはこちら

塗り替え塗装工事の工程

塗装工事工程日数

外壁塗装の作業工程とは?必要な日数と事前準備について解説

「外壁塗装の作業工程はどんなもの?」 「作業はどのくらいの日数が掛かるのか知りたい」 「結局どこの外壁塗装業者で依頼するのがおすすめ?」   外壁塗装を行おうと決めた際にさまざまな悩みが出てくる方も多いのではないでしょうか。 外壁塗装の作業工程を事前に知っておくとトラブルを回避できる可能性があります。   ここでは外壁塗装の「作業工程」「作業に必要な日数」「作業前に行うべき事前の準備」に加え「おすすめの外壁塗装業者」についてご紹介します。   知っておきたい外壁塗装の作業工程 外壁塗装を行う場合は7つの作業工程に分けられています。   工程①・近所への挨拶・着工準備 工程②・足場設置・飛散防止シートの準備 工程③・高圧洗浄 工程④・下地処理・養生作業 工程⑤・外壁塗装作業 工程⑥・施工後の点検 工程⑦・片付け・足場の撤去   業者によっては手順に違いはありますが、一般的な作業工程となっています。 ここでは工程ごとの内容についてご紹介します。 工程①:近所への挨拶・着工準備 外壁塗装の作業は2週間前後と長く、塗料の臭い・高圧洗浄の水しぶき・足場の設置などで迷惑をかけてしまう可能性が非常に高いです。   そのため施工前に近所への挨拶をしておくのは必須といえるでしょう。 塗装業者が代わりに挨拶をしてくれるケースもありますが、両隣が仲のよい間柄である場合は直接挨拶に行くことをおすすめします。 工程②:足場設置・飛散防止シートの準備 外壁塗装を行う際に必要な工程が「足場の設置」と「飛散防止シート張り」です。 足場は外壁塗装工事を効率良くするために重要な作業です。   また飛散防止シートを張ると洗浄中の水しぶきや塗料が近所に飛び散らないように防止してくれます。 足場と飛散防止シートの設置は1日で終わりますが、塗装業者が足場の設置を別途専門業者に依頼すると、設置期間がさらに増える場合があります。 工程③:高圧洗浄 外壁塗装を実際に施工する前に付着したホコリ・コケ・カビなどは、全て高圧洗浄を使い洗い流します。 洗浄自体は1日で終わりますが、乾燥させるために1~2日かかり合計3日ほどの作業日数が必要です。   汚れがひどい場合や特殊な形をしている外壁は手作業での洗浄が必要になるため、さらに時間が掛かってしまいます。 また高圧洗浄機の音は非常に大きいため、洗浄機を使用している間は外出しておくことをおすすめします。 工程④:下地処理・養生作業 外壁塗装前の準備で重要なのが下地処理です。 古くなった塗装部分は剥がして平らにします。   塗装部分の劣化がそこまで進んでいない場合は作業が1日で終了します。 しかし外壁の劣化状況がひどい場合は補修作業が増えるため、全部で2~3日ほど必要となることも。   また養生作業は塗装しない部分に塗料が付着しないようテープを貼る作業です。 工程⑤:外壁塗装作業 外壁塗装の作業は下塗り・中塗り・上塗りの3工程に分かれています。 それぞれに塗りと乾燥の工程が必要となるため、塗装作業の日数は合計3日掛かると考えておきましょう。   外壁塗装はこの3工程を行うのが基本となっており、どれか一つでも作業が抜けてしまうと塗料本来の力が発揮できず耐久性が低くなってしまいます。 悪徳業者は3工程の中のどれかを省く場合があるため注意が必要です。 塗料によっては下塗りと上塗りの2回で済む種類もあるので、見積もり時点で必ず確認しておきましょう。 工程⑥:施工後の点検 施工後の点検は入念にチェックする必要があります。 塗り残し・塗りムラなど気になる点があれば現場責任者に逐一聞いておきましょう。   もし塗り直しが必要な部分があった際は、その場でやり直しの依頼が必要です。 点検で問題がないと判断した場合は足場を解体するため、塗り直し作業が難しくなってしまいます。 工程⑦:片付け・足場の撤去 外壁塗装における工程が全て完了した後はごみの片付け・足場の解体をします。 後片付けは基本的に1日で終わらせてくれます。   業者が帰宅した後は、近所の方に塗装工事が終わったことを伝えるとよいでしょう。 外壁塗装に必要な日数 外壁塗装の工事はどのくらいの日数が必要なのか気になる方も多いのでは。 着工から足場の撤去までに必要な期間は10日間ほどとされています。   場合によっては作業日数が伸びる場合もあるため、これから外壁塗装を検討している方は理解しておきましょう。 雨が降ると作業日数が伸びる 雨が降ってしまうと外壁塗装の作業は一旦ストップする必要があります。 強い雨が降ってしまうと雨が降った当日以外に、次の日も作業ができないケースがあります。   水に強い塗料が増えてきたため、雨でも塗ること自体はできますが足場が滑るなどの危険性を考慮しての行いです。 そのため梅雨の時期など雨天が続く場合は20日ほどかかるケースも。   工程表を外壁塗装業者から渡されたとしても予定通りに施工ができるとは限らないことを覚えておきましょう。 施工日数を早めることはできない 外壁塗装を早く終わらせてほしいと考える方も中にはいらっしゃるでしょう。 しかし日数が伸びることはあっても作業を早めることはできません。   高圧洗浄や塗装をした後は外壁を必ず乾燥させる時間が必要です。 例え作業人数を増やしたとしても乾燥にかかる時間は変わりません。   外壁塗装を検討している方はある程度の日数が必要であることを念頭に入れて、施工を依頼するようにしましょう。 外壁塗装前に行っておくべきこと 外壁塗装をする前にはいくつか気を付けておくべき点があります。   具体的な例として ・車両を止めるスペースを業者に伝える ・工事中は洗濯物を干さない ・工事周辺の場所は片付けておく ・各作業工程は確認させてもらう ・塗装箇所は事前に確認しておく   外壁塗装は様々な工程があり、外壁塗装業者としっかりコミュニケーションを取る必要があります。 情報を共有しておくことで近隣住民とのトラブルなどを未然に防げます。   ここでは外壁塗装前に行っておくべきことについて解説します。 施工当日に車両を止めるスペースを業者に伝える 外壁塗装の工事が始まると工事車両を停車させるスペースが必要です。 自宅に駐車スペースがあれば問題はありませんが、駐車場がない場合は車両を止める場所を業者へ正確に伝えておく必要があります。   ・路上駐車は問題ないか ・近隣に駐車スペースはあるか ・コインパーキングの利用をするか   近所トラブルが起きないようにするために、外壁塗装業者の車を駐車する場所は必ず伝えておきましょう。 工事中は洗濯物を干さない 外壁塗装の工事中に洗濯物を外に干しておくと、塗料が衣類についてしまう可能性があります。 業者の方に気をつかわせたり、作業を中断させてしまったりする場合もあるため、事前に片付けておきましょう。   また高圧洗浄を行う場合は水しぶきが飛び、自宅以外に近隣の家にも迷惑をかけてしまう可能性があります。 高圧洗浄をかける前に事前に両隣の住民には声掛けをしておきましょう。 工事周辺の場所は片付けておく ベランダにおいてある物干し竿やベンチを置いたままにしておくと、破損の原因になることがあります。 破損した物は塗装業者側から弁償してもらえるケースが多いのですが、トラブルが起きないように事前に片付けておくようにしましょう。   もし大切なものがある場合は移動させておくか、塗装業者に事前に伝えておくことをおすすめします。 各作業工程は確認させてもらう 外壁塗装は自分が思っていた色と違う雰囲気に仕上がる可能性があります。 そのようなトラブルを防ぐためにも打ち合わせをする際は「作業工程の確認」をさせてもらうのが重要です。   仕事などで留守にすることが多い場合は作業内容を写真に取っておいてもらうのもよいでしょう。 外壁塗装における下塗り・中塗り・上塗りは必ず必要な施工です。   しっかりと塗装の作業を行っているのか、選んだ色がイメージ通りになっているのかを確認させてもらいましょう。 もし色の雰囲気がイメージからかけ離れている場合は、変更が必要です。 塗装箇所は事前に確認しておく 外壁塗装以外にサンルームやバルコニーの内部を塗装する場合は注意が必要です。   工事責任者に施工内容が伝わらないと、塗装予定部分が作業されないトラブルが起こる可能性があります。 また、軒天やサッシ部分など細かい箇所の塗装はどうするのか、施工前にしっかりと話しておくようにしましょう。   トラブルを事前に回避するには実際の外壁を見て、どこを塗装するのがおすすめなのか塗装業者に確認することをおすすめします。 作業工程をしっかり伝えてくれる外壁塗装業者を選ぼう 外壁塗装を行う場合は外壁塗装業者に任せっぱなしにはせず、作業の工程をしっかりと把握しておくことをおすすめします。 業者によっては作業工程を教えてくれないこともあるため、注意が必要です。   「塗り替え一番屋」では作業工程を写真で撮影し、お客様にも分かりやすいようにしています。 まとめ 外壁塗装はすぐに終わるものではなく10日前後はかかる工事です。 そのため施工する前に近所への挨拶・車両を止めるスペースに気を配る必要があります。   「塗り替え一番屋」は名古屋市内で3,800件以上の施工実績があり、ご近所への配慮なども含めて丁寧に対応しております。 これから名古屋市内で外壁塗装を検討している方は、ぜひ一度「塗り替え一番屋」までお問い合わせくださいね。    

2021.10.05(Tue)

詳しくはこちら

塗り替え塗装工事の工程

屋根板金素地調整

名古屋 外壁塗装 屋根塗装専門店 塗り替え一番屋 「塗り替え塗装の工程3」 下地処理

みなさん、こんにちは! 名古屋の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗り替え一番屋です。 名古屋を中心に、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、雨漏り補修などを手掛けております。 塗り替え一番屋では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しております。 「塗り替え塗装の工程3」 下地処理 前回に引き続き、外壁塗装や屋根塗装の工程のお話をさせていただきます。 塗り替え塗装の工程1」足場の組み立て 「塗り替え塗装の工程2」高圧洗浄 今回は、高圧洗浄が完了し、養生期間を1日~2日間ほど空けて次の工程に入ります。次に行う作業は、建物の種類や塗装する対象物によって違ってきます。 板金などの鉄部などは、「ケレン」という作業を行います。塗装する対象物の劣化具合によって異なってきますが、劣化がひどい場合などは、サンダーなどの電動工具を使って旧塗膜のめくれやさびなどを落としていきます。 比較的劣化が進んでいないものに関しては、マジックロンという研磨剤やペーパーと言って紙やすりなどで表面を荒らします。表面を荒らす目的は、塗装の密着をよくするためです。 屋根や外壁も鉄部などと一緒で使われている材質や劣化具合によっても塗装をする前の下地処理の方法が異なってきます。 例えば屋根や外壁が板金の場合には、上記のような鉄部と同じの下地処理を行いますが、外壁がサイデイングなどの場合は、様々な下地処理方法があります。 外壁のサイディングとサイディングのつなぎ目にあるコーキングというものを劣化具合によって取り換えたりします、これをコーキングの打ち替えと言います。 反っているサイディングの場合には、そのものを張り替えたり、タッピングと言ってビスなどで揉みこむ作業をします。劣化具合や状態によって下地処理が異なります。 建物によってさまざまな種類の材質が使われていますので、それぞれのお家で全く同じの下地処理になることはほとんどありません。 ですので、お家の診断は欠かせないことになります。 本当に下地処理は塗装をするうえで大事ですので私たちは、念入りにお家の診断を行います。下地処理を間違えると塗装をする意味がなくなってしまいます。それほど重要な工程となります。 今回は、「塗り替え塗装の工程3」 下地処理 というお話でした。 名古屋の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗り替え一番屋でした。 お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル TEL:0120-364-664 お問合せページはこちら 無料屋根・外壁診断はこちら 無料雨漏り診断はこちら ショールーム紹介はこちら お客様から頂いた評判の声はこちら ご来店のお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。 塗り替え一番屋塗装ショールーム〒454-0921住所 名古屋市中川区中郷5‐54(一柳中学校南)電話 0120-364-664お車でお越しの方は、隣接しておりますコインパーキングをご利用ください。コインパーキングは弊社が負担します。スタッフ一同心よりお待ちいたしております! 塗り替え一番屋が外壁塗装ポータルサイトに登録しない理由 緊急事態宣言発令での弊社の対応|名古屋市港区・中川区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り・防水工事【塗り替え一番屋】 塗り替え一番屋 オリジナル塗料 鎧・兜 私達の活動が地域の広報誌で紹介されました!

2021.05.17(Mon)

詳しくはこちら

塗り替え塗装工事の工程

名古屋 外壁塗装 屋根塗装専門店 塗り替え一番屋 「塗り替え塗装の工程2」 高圧洗浄

みなさん、こんにちは! 名古屋の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗り替え一番屋です。 名古屋を中心に、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、雨漏り補修などを手掛けております。 塗り替え一番屋では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しております。 「塗り替え塗装の工程2」 高圧洗浄 前回に引き続き、外壁塗装や屋根塗装の工程のお話をさせていただきます。前回のお話し。「塗り替え塗装の工程1」足場の組み立て   今回は、足場の組み立てが完了し、外壁塗装の工程の一番初めに行う作業についてお話します。 足場の組み立て作業が終わり、次に行う作業が高圧洗浄という作業になります。 塗り替えの塗装をするにあたって初めに行う作業になります。 お家は、紫外線やほこり、排気ガスなどに毎日さらされています。そのまま、その上から塗装を行っても外壁の表面と塗装する塗料の間にそれらがあり、完全に塗料が密着しないため、数年、もしくは数か月で塗装した塗料がはがれてしまいします。 ですので、カビ、藻、コケ、汚れ、チョーキングの粉など外壁表面の様々な汚れをまとめて落とすことが高圧洗浄の目的になります。 高圧洗浄と言っても市販で販売されているような機械では塗装前の下地処理にはなりません。気圧計が、15MPa以上出るような機械が必要です。「1㎠に対し、何キログラム重の圧力がかかっているか」を表す単位です。この圧力が必要です。 どのくらいの圧力かと言いうと人には絶対に当てれません。けがをします。木に当てれると表面が削れてしまいます。そのくらいの圧力です。 ですので、お家の高圧洗浄をする職人は気を付けないとお家の付帯部などを傷つけてしまったり、けがをさせる恐れがあります。 傍目で見ると単に水をかけているように見えますが、作業をしている職人は真剣そのものです。 また、高圧洗浄にも噴出口の種類があり、屋根など苔がひどい場合にはトルネードと言って、水が回転して噴出するノズルを使います。トルネードは通常のノズルに比べて圧力がそのまま対象物に届くので、威力が増します。みるみると苔など汚れが取れていきます。 高圧洗浄という作業をまとめますと外壁塗装をする前に行う。それは塗料の密着をよくするために高圧洗浄をします。汚れなどがひどい場合にはトルネードという威力が増すノズルに取り換える。 また、屋根塗装にあたっては、屋根材によって高圧洗浄の仕方が違います。おおまかな汚れを取るといったことは同じですが、屋根材表面の塗膜を一皮めくったりしなければいけない材質のものもあります。そうしないと、塗料が絶対に密着しません。   今回は、「塗り替え塗装の工程2」 高圧洗浄 というお話でした。   名古屋の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗り替え一番屋でした。 お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル TEL:0120-364-664 お問合せページはこちら 無料屋根・外壁診断はこちら 無料雨漏り診断はこちら ショールーム紹介はこちら お客様から頂いた評判の声はこちら ご来店のお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。 塗り替え一番屋塗装ショールーム〒454-0921住所 名古屋市中川区中郷5‐54(一柳中学校南)電話 0120-364-664お車でお越しの方は、隣接しておりますコインパーキングをご利用ください。コインパーキングは弊社が負担します。スタッフ一同心よりお待ちいたしております! 塗り替え一番屋が外壁塗装ポータルサイトに登録しない理由 緊急事態宣言発令での弊社の対応|名古屋市港区・中川区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り・防水工事【塗り替え一番屋】 塗り替え一番屋 オリジナル塗料 鎧・兜 私達の活動が地域の広報誌で紹介されました!

2021.05.14(Fri)

詳しくはこちら

塗り替え塗装工事の工程

塗装工事工程日数

名古屋 外壁塗装 屋根塗装専門店 塗り替え一番屋 「塗り替え塗装の工程1」 足場組み立て

みなさん、こんにちは! 名古屋の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗り替え一番屋です。 名古屋を中心に、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、雨漏り補修などを手掛けております。 塗り替え一番屋では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しております。 「塗り替え塗装の工程1」 足場組み立て 今回は、外壁塗装や屋根塗装の工程のお話をさせていただきます。 外壁や屋根の塗装工事をするにあたって一番初めに行うのが、足場の組み立てです。 足場がなくては、高いところなど塗装ができません。なくてはならない塗装工事における工程の一つです。 足場の組み立ては、ただ単に組みやすく立てているわけではありません。塗装職人が塗装しやすいよう工夫して足場を組み立てます。 それには打ち合わせや念入りな現場調査が必要です。 塗装工事をするのに当然ですが、手が届かない、見えないといったことがあってはいけません。 塗装職人が塗装しやすいように、足場になる板の高さや位置などに配慮して組み立てることによって、細かいところの塗装や塗料の塗り残しがないようにしっかり見えるようになります。塗装工事にとって一番初めに行う大事な工程です。 また、同時に施主様の車の駐車スペースの確保や出入りする通路などにも配慮します。 足場工事は塗装工事の中では、一番危険な作業ともなりますので、安全第一で作業をします。作業員のけがや第三者のけがなどがあってはいけません。細心の注意をはらって作業します。 足場の組み立てが完了しましたら、その足場の外周に養生ネットを張ります。塗装工事中の塗料の飛散や粉塵の飛散の防止になります。 足場の組み立て、養生ネット張りの作業が完了しましたら、いよいよ塗装工事の工程に入ります。 今回は、「塗り替え塗装の工程1」 足場組み立て というお話でした。 次は、いよいよ塗装工事です。順番にお話をしていきます。 名古屋の外壁塗装・屋根塗装専門店の塗り替え一番屋でした。     お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル TEL:0120-364-664   お問合せページはこちら 無料屋根・外壁診断はこちら 無料雨漏り診断はこちら ショールーム紹介はこちら お客様から頂いた評判の声はこちら ご来店のお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。 塗り替え一番屋塗装ショールーム〒454-0921住所 名古屋市中川区中郷5‐54(一柳中学校南)電話 0120-364-664お車でお越しの方は、隣接しておりますコインパーキングをご利用ください。コインパーキングは弊社が負担します。スタッフ一同心よりお待ちいたしております! 塗り替え一番屋が外壁塗装ポータルサイトに登録しない理由 緊急事態宣言発令での弊社の対応|名古屋市港区・中川区の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り・防水工事【塗り替え一番屋】 塗り替え一番屋 オリジナル塗料 鎧・兜 私達の活動が地域の広報誌で紹介されました!

2021.05.11(Tue)

詳しくはこちら

塗り替え塗装工事の工程

名古屋の外壁塗装&雨漏り専門店 塗り替え一番屋ホームページへようこそ

塗り替え一番屋
代表取締役中村一徳
KAZUNORI NAKAMURA

塗り替え塗装工事の工程での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひウォール株式会社にご相談ください!

確かな技術力を提供し続けている「名古屋地域密着の塗り替え一番屋」と申します!

塗り替え一番屋では、私が職人出身ということもあり、他社にはない「技術力」という点にこだわっております。なぜなら、塗装は同じ塗料・同じ道具・同じ工程で行ったとしても、職人の技術力によって品質が大きく変わってくるからです。
塗装という商品は繊細で、常にお客様のお家の状態をよく観察します。それに合わせて1塗り1塗り丁寧に行わなければ、塗料の性能を100%引き出すことは不可能です。
塗り替え一番屋では、塗装専門店として、名古屋市中川区・港区・熱田区・中村区に住む方のお家を長持ちさせるお手伝いをしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

名古屋地域の屋根・外壁を安心安全に塗装して長持ちさせるために全力を尽くします。

塗り替え一番屋の事が良くわかる特別ムービー

  • 名古屋ショールーム アクセスマップ

    住所
    〒454-0921
    愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
    連絡先
    TEL:052-364-6641 
    FAX:052‐364‐6643
    営業時間
    9:00~18:00 水曜日定休

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-364-664
受付時間 9:00~18:00 水曜日定休

無料お見積依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
来店予約でクオカードプレゼント!

塗り替えブログ・新着情報STAFF BLOG

ホームページをご覧の方へ 今だけ限定価格 外壁塗装49.8万円 アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 屋根外壁塗装相談会 もちろん無料!詳しくはこちら 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!
お客様の声詳しくはこちら 塗り替え一番屋のスタッフ紹介

お見積・資料請求はこちらから

0120-364-664受付 9:00~18:00 水曜日定休

お問い合わせフォーム

塗り替え一番屋 名古屋市の外壁塗装&雨漏り専門店塗り替え一番屋
名古屋ショールーム

〒454-0921
愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
TEL: 052-364-6641
FAX: 052‐364‐6643

対応エリア

対応エリア図