MENU

名古屋市中川区・中村区・港区の外壁塗装専門店【塗り替え一番屋】|無料診断依頼受付中

見積無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-364-664電話受付9:00~18:00 水曜日定休

  • 来店予約でクオカード進呈 来店予約はこちらから
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

塗り替えブログ - 外壁塗装 塗料関連情報 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 塗り替えブログ > 外壁塗装 塗料関連情報

外壁塗装 塗料関連情報の記事一覧

ペンキDIY

外壁塗装のDIYでおすすめの塗料とは?メリット・デメリットも解説

「外壁塗装をDIYしたいけど塗料は何がいいか分からない」 「DIYで外壁塗装をしても大丈夫?」 「外壁塗装をお願いする場合の専門業者はどこがいい?」   外壁塗装をDIYすると決めた場合に、さまざまな悩みを持たれている方も多いのでは。 外壁塗装をDIYする際はメリット・デメリットをしっかり理解しておかないと、大きな失敗につながる場合があります。   ここでは「外壁塗装をDIYする場合のおすすめの塗料」「メリット・デメリット」「外壁塗装業者に依頼した方が良いケース」に加えて「おすすめの外壁塗装業者」をご紹介します。   DIYで外壁塗装を施工しようか迷っている方は必見ですよ。 外壁塗装のDIYで必要な塗料とは? 外壁塗装で使用する塗料は「下塗り用塗料」「上塗り用塗料」の2種類に分類されています。 それぞれの塗料に特徴や役割があるため、DIYする場合はしっかり理解しておきましょう。  下塗り用塗料   下塗り用塗料には「シーラー」と「フィラー」の2種類があります。 ここではそれぞれの塗料にどのような特徴があるのか解説します。   シーラー塗装   シーラーには下地と上塗り塗料を密着させ、外壁塗装を長持ちさせる役割を持っています。 また外壁が上塗り塗料の吸収を抑え、塗装面を補強し下地のコンディションを整える役割を持っています。   フィラー塗装   粘性が強いフィラー塗装は外壁の凸凹部分を平らにしてくれる役割を持っています。 フィラー塗装は凸凹が出やすいモルタルの外壁に対してよい効果をもたらすメリットも。   しかし粘性があり扱いにくい一面を持っているため、DIYで使用することはおすすめしません。   上塗り用塗料   上塗り用塗料にはさまざまな種類の塗料があります。 現在もっとも使用率が高い塗料は「シリコン塗料」です。   中には耐久性が弱く使用される機会がほとんどない塗料もあるため、DIYを検討している方はそれぞれの特徴についてしっかりと把握しておきましょう。   ウレタン塗料   ウレタン塗料は弾性・伸縮性があり外壁塗装でも人気がある塗料です。 耐用年数は5年~10年と短めですが、費用は1,700円~2,500円/㎡とリーズナブルであるため、DIYで初めて外壁塗装にチャレンジする方にはおすすめといえるでしょう。   シリコン塗料   シリコン塗料は外壁塗装の中で最も使われている塗料の一つで、耐用年数が10年~15年と長く塗料の単価も2,300円~3,500円/㎡とリーズナブルな価格となっています。   また耐熱性・耐水性に優れており汚れも付着しにくい特徴があるため、迷ったらシリコン塗料を使用することをおすすめします。   フッ素塗料   フッ素塗料は外壁塗料の中でも高い耐久性を持っており、カビの発生を防ぎ湿度の高い土地での使用におすすめの塗料です。   耐用年数が12年~20年と高く、単価も3,500円~4,800円/㎡と高額になっているため一般住宅で使用されることが少ない塗料です。   無機塗料   無機塗料はガラスなどの無機質成分を含んだ塗料で、耐用年数が10年~25年と長く塗膜の劣化を防げる特徴を持っています。   紫外線や雨に強く劣化しにくいため、メンテナンスが少なく外壁表面を長期間にわたって保護してくれます。 また有機物の含有量が少ないこともあり、カビやこけの発生を抑えてくれます。 外壁塗装でDIYをする場合のメリット・デメリット   外壁塗装をDIYする場合にはいくつかのメリット・デメリットがあります。 ポイントを抑えることで自分にDIYがあっているのかどうかを理解できます。   DIYでの外壁塗装のメリット   外壁塗装を自分でDIYするメリットは「費用を抑えられる」「自分のタイミングで塗装できる」の2つに分けられます。 ここではそれぞれのメリットについてご紹介します。   安い費用で外壁塗装ができる   外壁塗装は業者に依頼すると平均で100万円ほどの費用が掛かるとされています。   一方DIYで外壁塗装を行う場合は自分自身でローラーや刷毛などの道具を用意するため、合計で50万円~60万円ほどで施工が可能です。   外壁塗装業者に依頼するよりも半額程度に抑えられるメリットがあります。 外壁塗装を綺麗に仕上げる自信がある方はDIYで施工することをおすすめします。   自分のタイミングで塗装できる   外壁塗装を業者に依頼する場合はカラー選びや工事の日程を決めるなど、さまざまな打ち合わせが必要であるため時間を作らなければいけません。   DIYの場合は自分の好きなタイミングで塗装ができ業者との打ち合わせも必要ないので、自分のタイミングで塗装ができるメリットがあります。   DIYでの外壁塗装のデメリット   外壁塗装をDIYで行う場合はデメリットがあることを理解しましょう。 抑えておきたいポイントは以下の3つとなっています。   ・高所作業などで危険が伴う ・数年以内に塗装がはがれる可能性がある ・近隣住民とのトラブルにつながる   上記のことを踏まえて外壁塗装をDIYする際のデメリットについてご紹介します。   高所作業などで危険が伴う   外壁塗装は足場を作って高所で作業するのが一般的です。 そのためDIYで外壁塗装を行う場合は、足場代わりに使用する脚立やはしごから転落する可能性があります。   高い場所で塗装する場合はヘルメットを被るなど安全第一で作業するようにしましょう。 2階部分の外壁などを塗装する場合は、転倒・転落による危険度が上がるため業者へ依頼することをおすすめします。   塗料の効果が薄れる可能性がある   外壁塗装で使用する塗料は外気温・湿度などの条件や塗る量・薄める量など扱いが非常に繊細です。   そのため塗料の特徴をしっかり理解しておかないと、本来の性能を引き出せず塗装した部分が数年以内に剥がれてしまうことも。 DIYで外壁塗装をしたことが無い場合は練習も兼ねて安い塗料を使う様にしましょう。   近隣住民とのトラブルになる   DIYを行うにあたって最も注意したいのが近隣住民とのトラブルです。 特に起こりやすいクレームは「塗料の臭いがきつい」「塗料が車や外壁に飛ぶ」などがあります。   また近所の所有物に塗料が跳ねてしまうと、場合によっては賠償金を支払うケースも。 外壁塗装業者に工事してもらう場合は近隣住民への賠償金を負担させられることはありません。   DIYを行う場合はさまざまなトラブルを想定した上で行うようにしましょう。   DIYで難しい箇所は外壁塗装専門業者に任せる   一般的に外壁塗装は高所で行う作業であるため、ケガなどのリスクを伴う危険性があります。   また素人が施工することで失敗する可能性も高くなってしまいます。 失敗した場合は今までの費用や時間が全て無駄になってしまうケースも。   もし外壁塗装で大きいひび割れや屋根に近い部分の外壁を塗装しないといけない場合は、無理をせず外壁塗装専門業者に依頼しましょう。   「塗り替え一番屋」では100%自社職人だけで施工を行っており、塗料メーカーや足場・防水業者と業務提携をしているため、品質の高い材料を格安で仕入れています。   また施工するにあたって中間マージンを含まず、安い価格で高品質な施工を行っています。 DIYで外壁塗装を検討しているが本当にできるのか不安という方は、「塗り替え一番屋」まで一度ご相談ください。 外壁塗装専門業者に依頼するべき2つのケース   外壁塗装はDIYだけでは対応できない場面がどうしてもあります。 場合によってはケガを負うリスクも。   ここで解説する状況になった場合は無理をせず外壁塗装業者に依頼しましょう。   2階建て以上の戸建てを塗装する場合   外壁塗装専門業者に依頼するケースの一つとして、2階以上の建物で外壁塗装が必要な場合です。   2階以上となると高さ3m以上の足場が必要となり、一般家庭用のはしごや脚立では対応できなくなってしまいます。 足場だけを依頼することは可能ですが、費用が高くついてしまうため、初めから塗装業者に依頼することをおすすめします。   屋根を塗装する場合   外壁塗装以外に屋根も塗装する場合は転落する危険性が非常に高くなってしまうため、DIYはおすすめできません。   屋根に関しては外壁塗装で足場を使うよりも圧倒的に危険を伴います。 過去に3m以上の高さから転落し死亡した事例も。   命の危険を伴う場合もあるため、屋根に塗装する場合はDIYを行わず、外壁塗装専門業者に依頼しましょう。   まとめ   DIYで塗装を行う場合は失敗が伴うリスクについても理解が必要です。 初めて自分で外壁塗装を行うときは外壁塗装の手順や流れを事前に把握しましょう。   しっかりと把握しておかないと失敗の元につながり、結局は外壁塗装業者に依頼することとなり施工費用が増えてしまうなんてことも。 もしDIYに自信がない場合は初めの段階で外壁塗装業者へ依頼しましょう。   「塗り替え一番屋」では100%自社職人のみを採用しており、余計な業者を一切間に挟んでいないため中間マージンも必要なく、安い価格で高品質な施工が可能です。   外壁塗装の費用を安く抑えるためにDIYを検討していたという方は、ぜひ一度「塗り替え一番屋」までご連絡ください。 思った以上の価格でお得に塗装できるかもしれませんよ。    

2021.09.21(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装 塗料関連情報

外壁塗装でおすすめの塗料とは?選び方のポイントと特徴を解説

「外壁塗装でおすすめの塗料が知りたい」 「塗料ごとの種類・特徴・相場ってどのくらい」 「外壁塗装業者は結局どこがいいの?」   外壁塗装の塗料を選ぼうとした際に種類が沢山あるため、悩まれる方も多いのでは。   しかし塗料の種類や特徴を知ることで塗料選びで失敗する可能性は低くなるでしょう。   ここでは外壁塗装の「おすすめの塗料」「塗料の種類」「耐用年数・相場・特徴」について解説し「おすすめの外壁塗装業者」をご紹介します。   外壁塗装の塗料選びで迷っている方は必見ですよ。   外壁塗装で使用される塗料の種類とは? 外壁塗装を行うと決めた際に悩みどころになるのが塗料の種類。 塗料の種類によって耐用年数・相場に大きな違いがあります。   ここでは「塗料の種類」「耐用年数・相場」についてご紹介します。   外壁塗装で使う塗料は2種類ある 外壁塗装の塗料は「水性」「油性」の2種類に分けられます。   水性塗料は窯業系サイディングやモルタルなどの素材に馴染みやすい一面を持っていますが、アルミやステンレスなど凸凹がない素材には密着しにくい性質があります。   油性塗料は耐久性の高い塗膜を作れるため、アルミやステンレスなどの金属素材の素材でも問題なく塗装が可能です。 しかし塗料にシンナー等の有機溶剤が含まれているため、施工する際には近隣住民への配慮が必要です。   塗料ごとの耐用年数・相場とは? 外壁塗装で使用する塗料にはさまざまな種類があり、それぞれに耐用年数・費用に大きな違いがあります。 ここでは塗料ごとの耐用年数・相場についてご紹介します。 塗料の名称 耐用年数 相場 アクリル塗料 3~8年 1,000円~1,800円/㎡ ウレタン塗料 5~10年 1,800円~2,500円/㎡ シリコン塗料 10~15年 2,300円~3,000円/㎡ ラジカル制御型塗料 14~16年 2,500円~4,500円/㎡ フッ素塗料 12~20年 3,500円~5,000円/㎡ 光触媒塗料 10~20年 3,500円~5,500円/㎡ 無機塗料 10~25年 3,500円~5,500円/㎡   現在おすすめの塗料はどれ? 外壁塗装で現在最も多く使用されている塗料はシリコン塗料です。 耐用年数が10年~15年ほどとなっており、相場も2,300円~3,000円/㎡とされています。   またアクリル塗料やウレタン塗料と比べると汚れに強く、色褪せがしにくいメリットもあります。 これから外壁塗装を行う予定の方は、シリコン塗料の耐用年数・費用を基準に考えて選ぶと良いでしょう。   最近ではラジカル制御型塗料も人気を集めています。 シリコン塗料に近い値段で耐久性能が高く、コストパフォーマンスに優れたバランスの良い塗料です。   外壁塗装は豊富な実績を持つ業者と一緒に選ぶ 外壁塗装の塗料は豊富な種類があり、建物が建っている場所や外壁材の種類で選ぶ塗料に違いがあります。 また性能もそれぞれ違うため、塗装するためには豊富な経験と技術が必要です。   そのため外壁塗装を依頼する場合は熟練した技術を持つ職人への依頼が大切です。 「塗り替え一番屋」では全て自社職人のみで塗装を行っており、これまでに名古屋市内で3,800件以上の施工実績を持っています。   国家資格である1級塗装技能士が在籍しており、少数精鋭の自社職人のみを採用しているため、安心して施工を任せられます。 外壁塗装でおすすめの塗料の特徴とは? 外壁塗装で使用されている塗料には多くの種類があります。 塗料によって合う・合わないがあるため、これから外壁塗装を行う方は特徴について理解しておきましょう。 特徴①:シリコン塗料 外壁塗装で使用されている塗料の中で最も需要が高いとされているシリコン塗料。   住宅にかかるコストを削減するために大変優れた塗料です。 耐用年数は10年~15年と長く、費用も2,300円~3,000円/㎡とリーズナブルになっているのも人気の一つ。   塗料選びがどうしても決まらない場合は、シリコン塗料を選択すると失敗する可能性は低いでしょう。 特徴②:ラジカル制御型塗料 ラジカル制御型塗料は2012年に開発されたばかりの新しい塗料です。 取り扱っている業者が少ない一面はありますが、これまでの塗料で多いチョーキング現象を抑え塗膜の劣化や変色を防ぐ性能を持っています。   耐用年数は14年~16年とシリコン塗料よりも長くなっており、相場も2,500円~4,500円/㎡とリーズナブルです。 価格帯はシリコン塗料並みで耐久性能はフッ素塗料並みであるため、近年シリコン塗料の次に主流となる塗料と言われています。 特徴③:フッ素塗料 フッ素塗料はフッ素樹脂を使用しており、耐熱性・耐寒性に優れた塗料です。 相場は3,500円~5,000円/㎡と高額に設定されているものの、耐用年数が12年~20年と非常に長い特徴を持っています。   また紫外線・汚れに強く雨風に晒されても劣化が少なく、メンテナンス回数が低いため余計な手間も必要ありません。 外壁塗装は10年に1度必要であるとされていますが、フッ素塗料を選ぶことで塗り替え頻度を大幅に減らせるのは魅力的です。 特徴④:光触媒塗料 酸化チタンの性質を活用した塗料である「光触媒塗料」。 塗料に紫外線が当たり化学反応を起こすことで、外壁部分に付着した汚れを分解してくれる作用があります。   耐用年数は10年~20年と長いですが、費用は3,500円~5,500円/㎡と非常に高額です。   塗り替え頻度が低くメンテナンスもしやすい塗料ですが、紫外線や雨が当たらないと本来の性能を発揮しにくいため、日当たりが悪い建物には合わない一面も。   また主原料に白色顔料を採用しているため、濃いカラーの外壁に塗ることはできません。 特徴⑤:無機塗料 無機塗料は耐用年数が10年~25年と長く外壁も汚れにくいため、耐久性に優れた塗料として注目され始めています。 また塗料自体の不燃性が高いため、防火性に優れていることでも人気があります。   3,500円~5,500円/㎡と他の塗料と比べると相場が高くなっているように感じる方も多いですが、耐久性が高いことを考えると高額ではないといえるでしょう。 外壁塗装で使う塗料の選び方とポイント 外壁塗装で使用する塗料を選ぶ場合はいくつかの注意点を守ることで、失敗する確率が大幅に減少します。 ここでは塗料の選び方とポイントについてご紹介します。 塗料の色を選ぶ 外壁塗装を行う際、最初に決めるのが塗料の色です。   同じような色でも「明るさ」「濃淡」「色味」によって印象が変わるため、依頼した外壁塗装業者と色見本を一緒に見ながら決めることをおすすめします。   塗料のカタログだけでは決められないケースが多いので、塗板やカラーシミュレーションも活用しましょう。 「塗り替え一番屋」では最新のカラーシミュレーションソフトを使い専門のスタッフと納得がいくまで打ち合わせができます。 機能性で選ぶ 塗料はここでご紹介したもの以外にさまざまな機能性を持つ塗料があります。   「防水塗料」「低汚染塗料」「弾性塗料」「遮熱塗料」があり塗装面の着色や保護をするために、付加機能が付いている塗料も豊富にあります。   自宅の外壁に合った塗料を選べるように、塗装業者としっかり決めていきましょう。 外壁材の相性で選ぶ 外壁材には「モルタル外壁」「窯業系サイディング」「金属サイディング」「ALC」などさまざまな種類があります。   外壁塗装によって相性があり、相性が悪いと塗料本来の性能を発揮できません。 自宅の外壁材の種類を確認した上で、塗料を決めていくようにしましょう。 まとめ 外壁塗装を行うと決めた際に悩みの種となるのが塗料選び。 自宅に合った塗料を選ぶことで、本来の性能を発揮し大切な家を綺麗に保っていけます。   「塗り替え一番屋」では塗料メーカーと業務提携しているため、安くて高品質な材料の仕入れを行っています。 それらを全て自社職人のみで施工しており、施工後は最大10年の定期点検を行っています。   外壁塗装の塗料選びをどうすればいいか分からない方は、この機会にぜひ一度ご連絡ください。        

2021.09.21(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装 塗料関連情報

【ウェブ限定】秋の特別企画開催中!

皆様、こんにちは。 名古屋の外壁塗装専門店の塗り替え一番屋です(^^♪   秋の外壁塗装祭のご案内 塗り替え一番屋では、10月5日までの期間限定で 秋の外壁塗装祭 を開催いたします。   限定パック多数ご用意 今お問い合わせいただきお見積り依頼されたお客様には、特別塗装パックをご提供しています! 棟数限定で大特価塗装パックもご用意しております。       素敵な特典が多数! 【ご来場特典】 コメダのドリンクチケットプレゼント! 【大抽選会】 一等 41万円引き 足場代+外壁塗装+付帯部塗装 二等 屋根塗装無料 三等 付帯塗装 1か所無料 四等 QUOカード 1,000円分 ぜひこの機会に遊びに来てください! 名古屋市中川区・港区・中村区・熱田区の外壁塗装&雨漏り専門店塗り替え一番屋(ウォール株式会社) 名古屋ショールーム 〒454-0921 愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54 TEL:0120-364-664 FAX:052‐364‐6643     実績が豊富な外壁塗装業者に依頼する 外壁塗装の塗料は立地条件や使用している外壁材によって合う・合わないがあります。 また塗料ごとに性能が違うため、塗装方法にも熟練した技術が必要です。 そのため外壁塗装を依頼する場合は豊富な実績を持つ外壁塗装業者であることが重要。 「塗り替え一番屋」では全て自社職人で塗装を行っており、これまでに名古屋市内において3,800件以上の施工実績を持っています。  

2021.09.06(Mon)

詳しくはこちら

外壁塗装 塗料関連情報

【プロ直伝】外壁塗装の「塗料の選び方」最重要ポイントは3つ!

外壁塗装したいが塗料の選び方を知りたい 塗料の相場を知りたい 外壁塗装の塗料選びで失敗しない方法ってあるの? 外壁塗装の塗料を選ぶ際は種類が豊富にあるため、悩まれる方も多いのではないでしょうか。 しかし塗料のことを理解するだけで、外壁塗装で失敗する確率は大幅に減ります。 ここでは外壁塗装の塗料の「選び方」に加え「機能と特徴」「塗料の相場」「塗料選びで失敗しない方法」についてご紹介します。 外壁塗装の塗料の選び方!3つのポイント 外壁塗装をする際にどんな塗料を選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは外壁塗装の塗料の選び方を3つのポイントに分けてご紹介します。 選び方①:外壁材と塗料の相性で選ぶ 外壁材には「モルタル外壁」「窯業系サイディング」「金属サイディング」「ALC」があり、それぞれに相性の良い塗料があります。 ここでは外壁材ごとの塗料の相性についてご紹介します。 ・モルタル外壁 モルタル外壁はひび割れが起きやすい外壁材です。 使われる塗料は弾性塗料で伸縮性に優れているため、ひび割れが起きても塗膜が伸びて外壁の寿命を保ってくれます。 ・窯業系サイディング 窯業系サイディングは蓄熱しやすい性質があり、透湿性の低い塗料を使うと塗装の表面が膨れてしまうため注意が必要です。 そのため透湿性の低い弾性塗料は向いておらず、透湿性の高い塗料が向いています。 ・金属サイディング 金属サイディングは表面が高温になりやすいため、熱に弱い弾性塗料は向いていません。 また金属サイディングへ塗装するには、金属サイディング素材が対応している塗料を使う必要があります。 ・ALC 軽量で熱に強いALCは多孔質で吸収性が高いため、水に強い透湿性の塗料が向いています。 選び方②:塗料の種類で選ぶ 塗料の種類はグレードごとで価格や耐用年数が決まっています。 塗料には「アクリル塗料」「ウレタン塗料」「シリコン塗料」「ラジカル塗料」「フッ素塗料」「光触媒塗料」「無機塗料」があります。 中でも人気があるのはシリコン塗料・ラジカル塗料・フッ素塗料の3種類です。 選び方③:塗料の機能や特徴で選ぶ 外壁塗装で塗料を選ぶ場合は機能や特徴を理解した上で選ぶようにしましょう。 ここでは「シリコン塗料」「ラジカル塗料」「フッ素塗料」の詳細についてご紹介します。 シリコン塗料の機能と特徴 シリコン塗料はコスパが良く耐久性が高いため、最も主流となっている塗料です。 耐用年数は10年~15年あり、相場が2,300円~3,000円ほどとなっています。 アクリルやウレタン塗料と比べて耐久性が1.5倍ほど高く汚れに強い特徴を持っています。 ラジカル制御塗料の機能と特徴 ラジカル塗料は耐用年数が12年~15年と長く、相場も2,500円~3,000円とシリコン塗料と同じくらいです。 耐用年数・耐侯性・防汚性に優れており、これから主流になりつつある塗料の一つです。 しかしまだまだ取り扱っている業者も少ないため、使いたくても断られてしまうケースがあります。 しかし品質・性能は良いため、今後扱う業者が増えてくる可能性が高いです。 フッ素塗料の機能と特徴 フッ素塗料の耐用年数は12年~15年となっており、相場は3,800円~4,800円程と高めに設定されています。 しかし耐侯性に優れ劣化がしずらく、汚れをはじき長持ちする塗料です。 スカイツリーなど業務用の建物にも使われていますが、品質の高さから一般の戸建て用としても使われ始めています。 外壁塗装の塗料ごとの相場はどのくらい? 外壁・屋根塗装の値段は塗料のグレードでも大きく変わります。 長持ちする塗料の場合は値段・相場が高くなる傾向に。 塗料の種類 耐用年数 相場 アクリル塗料 3~8年 1,000~1,800円/㎡ ウレタン塗料 5~10年 1,500~2,500円/㎡ シリコン塗料 7~15年 1,800~3,500円/㎡ ラジカル制御塗料 14~16年 2,500~4,500円/㎡ フッ素塗料 12~20年 3,000~5,000円/㎡ 上記の耐用年数や相場は建物の立地条件・日当たり具合によって変わってきます。 どの塗料が自分の家に合っているのか外壁塗装業者へ相談して決めるようにしましょう。 外壁塗装の塗料選びで失敗しない方法とは 外壁塗装の塗料はさまざまな種類があり耐用年数や費用によって性能や特徴が大きく変わります。 どの塗料を選ぶにしても外壁塗装業者に依頼する必要が出てきます。 塗料選びで悪徳塗装業者に依頼してしまうと、大きな失敗につながりかねません。 ここでは外壁塗装の塗料選びで失敗しない方法についてご紹介します。 複数の外壁塗装業者に相見積もりを依頼する 外壁塗装の見積もりを行う際は複数の外壁塗装業者へ同じ条件で相見積もりをとってもらいましょう。 業者ごとに計算方法・単価に違いがあるため、条件が同じであっても違う金額の見積書が渡されます。 しかし見積もりが1社だけの場合は提示された金額が高いのか安いのかが分からないため、業者ごとの金額を比べる必要も。 また複数の会社の費用を見比べることで、外壁塗装の相場が分かってきます。 自分が望んでいる条件がどのくらいの金額であるのか分かると、優良業者か悪徳業者なのか判別できトラブル回避にもつながります。 見積書を見て悪徳業者ではないか判断する 見積書を見れば優良業者と悪徳業者の見分けをつけることができます。 優良業者は計算が細かくされており、足場・塗料・人件費などさまざまな費用がかかっていることを一目でわかるようにしています。 一方で悪徳業者の場合は掛かる費用や作業内容が曖昧になっており、後から追加費用を請求されるケースや依頼した塗料よりもグレードの低いもので施工されるケースも。 外壁塗装の見積書は優良業者か悪徳業者を判別するために重要な書類であるため、大切に保管しておきましょう。 実績が豊富な外壁塗装業者に依頼する 外壁塗装の塗料は立地条件や使用している外壁材によって合う・合わないがあります。 また塗料ごとに性能が違うため、塗装方法にも熟練した技術が必要です。 そのため外壁塗装を依頼する場合は豊富な実績を持つ外壁塗装業者であることが重要。 「塗り替え一番屋」では全て自社職人で塗装を行っており、これまでに名古屋市内において3,800件以上の施工実績を持っています。 まとめ 外壁塗装で使用する塗料は耐久性・性能によって費用が変わるため、自身の予算に合わせていく必要があります。 しかし費用だけではなく耐久性・性能について考えなければいけないため、自身の家に合う塗料を選ぶのは簡単なことではありません。 「塗り替え一番屋」は塗料専門店として塗料メーカーと業務提携しているため、厳選した塗料のみを提供しております。 また自社職人が施工を行っているため、同じ工程でも2/3の時間で作業ができます。 チラシを見ても価格が適正かどうか分からない...。 外壁塗装業者が多くてどこを選べば良いか分からない。 大切な家だからちゃんとした職人に塗装してもらいたい そのようなお悩みをお持ちの方は「塗り替え一番屋」まで、ぜひ一度ご相談くださいね。

2021.08.31(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装 塗料関連情報

名古屋の外壁塗装&雨漏り専門店 塗り替え一番屋ホームページへようこそ

塗り替え一番屋
代表取締役中村一徳
KAZUNORI NAKAMURA

外壁塗装 塗料関連情報での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひウォール株式会社にご相談ください!

確かな技術力を提供し続けている「名古屋地域密着の塗り替え一番屋」と申します!

塗り替え一番屋では、私が職人出身ということもあり、他社にはない「技術力」という点にこだわっております。なぜなら、塗装は同じ塗料・同じ道具・同じ工程で行ったとしても、職人の技術力によって品質が大きく変わってくるからです。
塗装という商品は繊細で、常にお客様のお家の状態をよく観察します。それに合わせて1塗り1塗り丁寧に行わなければ、塗料の性能を100%引き出すことは不可能です。
塗り替え一番屋では、塗装専門店として、名古屋市中川区・港区・熱田区・中村区に住む方のお家を長持ちさせるお手伝いをしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

名古屋地域の屋根・外壁を安心安全に塗装して長持ちさせるために全力を尽くします。

塗り替え一番屋の事が良くわかる特別ムービー

  • 名古屋ショールーム アクセスマップ

    住所
    〒454-0921
    愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
    連絡先
    TEL:052-364-6641 
    FAX:052‐364‐6643
    営業時間
    9:00~18:00 水曜日定休

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-364-664
受付時間 9:00~18:00 水曜日定休

無料お見積依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
来店予約でクオカードプレゼント!

塗り替えブログ・新着情報STAFF BLOG

ホームページをご覧の方へ 今だけ限定価格 外壁塗装49.8万円 アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 屋根外壁塗装相談会 もちろん無料!詳しくはこちら 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!
お客様の声詳しくはこちら 塗り替え一番屋のスタッフ紹介

お見積・資料請求はこちらから

0120-364-664受付 9:00~18:00 水曜日定休

お問い合わせフォーム

塗り替え一番屋 名古屋市の外壁塗装&雨漏り専門店塗り替え一番屋
名古屋ショールーム

〒454-0921
愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
TEL: 052-364-6641
FAX: 052‐364‐6643

対応エリア

対応エリア図