MENU

名古屋市の外壁塗装専門店【塗り替え一番屋】|無料診断依頼受付中

見積無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-364-664電話受付9:00~18:00 水曜日定休

  • 来店予約でクオカード進呈 来店予約はこちらから
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

塗り替えブログ - 外壁塗装の色関連情報 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 塗り替えブログ > 外壁塗装の色関連情報

外壁塗装の色関連情報の記事一覧

外壁塗装施工後

外壁塗装にグレーを使うメリットとは?施工例もあわせてご紹介!

外壁塗装をするにあたり、悩んでしまうのが色選びではないでしょうか。   我が家のカラーチェンジは心躍るものの、一度塗ってしまえばまた10年ほどは塗り替えができない場合がほとんど。 そのため、色は慎重に決める必要があります。   特にグレーは「景観に馴染みやすい」「色を追加してツートンカラーにしやすい」といった大きなメリットがあるものの、色味によっては「汚れて見えてしまう場合がある」といったデメリットも。   そこでこの記事では、グレー系統の外壁塗装例・メリット・デメリット・色選びの際の注意点をそれぞれご紹介します。   まずは、グレーを使った外壁塗装例からご紹介します。   グレーの外壁塗装の施工例・色選びのポイント まずは実際にグレーで外壁塗装を行った施工例や、色選びのポイントを確認していきましょう。 塗装後に「思っていたのと違う色味になってしまった」といった後悔をせずにすむよう、それぞれチェックしてみてください。 グレーの外壁塗装例 まずは「塗り替え一番屋」で塗装を行った、グレー系統の外壁塗装をしたお家を3例ご紹介します。   <1.名古屋市 中川区 外壁塗装工事施工事例 N様邸> 外壁材…サイディング 工事期間…12日間   詳しくはこちら:名古屋市 中川区 外壁塗装工事施工事例 N様邸   <2.愛知県 名古屋市 港区 Hアパート屋根塗装工事(遮熱シリコン塗料)外壁塗装工事(溶剤シリコン塗料)>  外壁材…サイディング 工事期間…26日間   詳しくはこちら:愛知県 名古屋市 港区 Hアパート屋根塗装工事(遮熱シリコン塗料)外壁塗装工事(溶剤シリコン塗料   <3.名古屋市 中川区 K様邸> 外壁材…サイディング 工事期間…18日間   詳しくはこちら:名古屋市 中川区 K様邸 色選びの際に注意するべき4つのポイント 施工例でイメージを掴んだところで、色選びで注意すべき4つのポイントを確認していきましょう。 色選びは一見簡単そうに思えますが、イメージにぴったりの色を選ぶのは難しいもの。   後悔しない色選びができるよう、ぜひ確認してみてください。 カラーシミュレーションをして選ぶ 外壁塗装の色を選ぶ際は、カラーシミュレーションを行うようにしましょう。   カラーシミュレーションとは、希望している色を合成し、完成形をイメージとして作成するものをいいます。 外壁塗装をした際の印象や雰囲気を事前に確認でき、色選びで非常に役立ちます。   グレーには、赤みがかったパーチグレー・青みがかったブルーグレー・黒っぽいストレートグレーなどさまざまな色味があります。 色を当てはめて、どのグレーが理想のイメージに近いか比較してみましょう。   きちんと納得のいく色味になるまで、カラーシミュレーションで微調整をしておくと安心です。 色見本帳を使う場合は日光の元でもチェック 色を決める際は「色見本帳」というカタログのようなものを見て決めることが多いです。 しかし見本帳の色味が好みでも、実際に塗装すると「イメージとちょっと違った」といった事態になる可能性も。   なぜチェックしたのにそんな齟齬(そご)がでるのかというと、それには蛍光灯の色が関係しています。 蛍光灯には「電球色」「温白色」「白色」「昼白色」「昼光色」など、もともと色味がついているのです。   蛍光灯の色味による影響を避けるため、必ず一度は太陽光のもとで検討しましょう。 可能なら、時間をずらして朝昼晩とチェックしたり、天候条件の異なる日にチェックしたりしておくとより安心です。  明度と面積効果を考慮して選ぶ 色を選ぶ際は、画像の大きさにより色の見え方が変わる効果(面積効果)も考慮する必要があります。 明るい色は画像が大きくなるほど明るく見え、暗い色は画像が大きくなるほど暗く見える効果があるため注意しましょう。   使用する色見本帳は、少なくともA4サイズ以上の大きなものを使用するのが望ましいです。 業者へ相談し、できるだけ大きな見本帳を用意してもらいましょう。  外壁材によって受ける印象が異なる 同じ色で塗装をしても、サイディング・モルタルなど外壁材の違いによって印象が異なる場合があります。 色の打ち合わせをする際は、自宅と同じ外壁材を使用した施工例を参考にすると安心です。   業者へ、自宅と同じ外壁材の塗装例がないか聞いてみましょう。 【黒・ネイビー・ベージュ】ツートンで使う色の選び方 外壁塗装は、複数色使用することも可能です。   例えばツートンカラーにする場合は、黒やネイビー、ベージュといった落ち着いた系統の色がグレーとは相性がよい傾向にあります。 一方で、赤・黄色といった色は、色味によっては合わせにくい場合も。   色彩豊かな色味を取り入れたい場合は、一層慎重に色を決めるようにしましょう。  外壁塗装でグレーの塗装色を選ぶメリット そもそも、外壁塗装にグレーを選ぶメリットはどういったものがあるのでしょうか。 失敗しにくく人気も高いグレーの、選ばれる理由を4つご紹介します。  中間色だから汚れが目立ちにくい グレーは、中間色と呼ばれる部類の色です。 さらに外壁へ付着する塵・ほこり・砂ぼこり・コケなども薄茶・薄緑の中間色のため、汚れが目立ちにくいといったメリットがあります。   白や黒など汚れの目立つ塗装をした場合は比較的短スパンでの洗浄が欠かせませんが、グレーであればお手入れの頻度も少なくてよく「家の洗浄に時間を割けない」「仕事が忙しい」といった場合にも便利です。 忙しい方や外壁のお手入れに時間がかけられない方は、グレーを選んでおくと安心です。 グレーは景観と馴染みやすい 街並みには、アスファルト・電柱・石垣・塀など、さまざまなグレーが溢れています。 そのため外壁塗装もグレーにすることにより景観に馴染みやすく、浮いて見えにくいというメリットがあります。   周囲の家々とも馴染みやすい色のため、おすすめです。 ただし個性の主張には向かないため、無個性・冷たいといった印象を受けてしまう場合もあります。   色味を調整し、納得のいく塗装色を選びましょう。  無彩色で色を合わせやすくツートンカラーにもおすすめ 色はグレー・黒などの無彩色と、赤・青・黄・緑といった有彩色に分けられます。 有彩色が多いとガチャガチャした印象を受けたり色の持つ効果を打ち消したりしやすく、組み合わせが難しい色です。   しかし無彩色のグレーを取り入れることで、失敗のない色の組み合わせを比較的簡単に楽しめます。 ツートンカラーにして個性を演出したり、付帯部をカラーチェンジして印象を引き締めたり、アレンジを加えて楽しみましょう。 グレーの明るさによってさまざまな印象を演出できる グレーにも、さまざまな明るさがあります。 明るめのグレーなら爽やかさや清潔感を演出でき、暗めのグレーならシックな印象や重厚感、高級感を演出できるでしょう。   明るさを調節し、ご家庭の雰囲気に合う塗装色を選びましょう。 外壁塗装の色にグレーを選ぶデメリット 塗装色にグレーを選ぶメリットは上記の通りですが、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか。 主な3つのデメリットをご紹介します。  色あせ・汚れているように見えることもある 「グレーも外壁に付着する汚れも中間色のため、汚れが目立ちにくい」とメリットでご紹介しました。 しかし逆に言えば、グレーは汚れに似た色であり、見た人・選んだ色味によっては汚れているように見える場合もあります。   また、グレーの明るさによっては色あせして見えてしまう場合も。 薄いグレーの場合は色あせて見えることが多いため、避けたい場合はしっかりとカラーシミュレーションや見本帳での検討を重ねるようにしましょう。 地味な印象を受ける外壁になる可能性も グレーは無彩色のため、色鮮やかで華のある色ではありません。 そのためスタイリッシュな仕上がりにしやすいものの、地味な印象を受ける仕上がりになる場合があります。   地味な印象を避ける場合は、ツートンカラーやアクセントカラーを活用しましょう。 特に黒を指し色に使えば、引き締まったシャープな印象になりおすすめです。  ほかの家と色が被る場合がある グレーは塗装色の中でも人気の色のひとつです。 そのためほかの住宅の色と被りやすく、似た印象になってしまう場合があります。   特に家の構造・外観が似ている建て売り住宅の場合は、その傾向が顕著です。 アクセントカラー・ツートンカラーを活用して、個性を演出してみましょう。 まとめ 外壁塗装において人気の色のひとつ、グレー。 この色には汚れが目立ちにくい・景観に馴染みやすいといったメリットがある一方で、色味によっては汚れて見えたり、無個性に見えたりすることもあり、色味の選び方には注意が必要です。   しっかりと後悔しない色選びをするためには、カラーシミュレーションや大きな色見本帳を活用した色選びをすることが重要です。 さまざまな色味・明るさ・指し色を検討し、我が家にぴったりの塗装色を選びましょう。    

2022.01.12(Wed)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁サイディング塗装

【事例紹介】おしゃれな外壁塗装の組み合わせと選び方を徹底解説

「外壁塗装をおしゃれにしたいけどどうしたい?」 「外壁塗装の色選びで失敗しない方法って」 「結局どこの外壁塗装業者がおすすめなの?」   自宅の外壁をおしゃれな色に塗り替えれば建物の雰囲気がガラッと変わります。 外壁塗装色はいくつかの注意点を守るとお気に入りの色に塗り替えられます。   しかしポイントを押さえないと外壁塗装の色選びで失敗する可能性も。   ここでは外壁塗装の「おしゃれな組み合わせ」を、事例を交えて解説し、「外壁塗装をおしゃれにするポイント」「色選びで失敗しない5つのコツ」についてご紹介します。   外壁塗装のおしゃれな組み合わせ5選 十数年に1度の外壁塗装!せっかくなら思いっきりオシャレな色に変えたいですよね? しかしどんな色を選べばいいのでしょうか?   ここでは外壁塗装のおしゃれな組み合わせを5種類ご紹介します。 ベージュ×ブラウン ベージュとブラウンのツートンに塗り替えると明るい雰囲気になります。 清潔感が増してピッカピカです。 グレー×ホワイト 改めて同じ色に塗り替えて色褪せをなくしました。 グレー×ホワイト系の外壁でも塗り直せばすっかり明るい雰囲気に。 ベージュ×ホワイト×レッド ベージュ×ホワイト×レッドの組み合わせで塗装し直せば、全体的な雰囲気が一気に変わります。 スリートーンの珍しい組み合わせですが、周囲の景観も崩さず清潔感のある見た目になりました。 ホワイト×ベージュ ホワイトとベージュで高級感のある仕上がりに。 前回の外壁塗装で貼られていたシールが、欠陥商品のため硬化不良を起こし雨漏りが発生。 シールの打ち換えも同時に行ったため外壁がキレイになり雨漏りもすっかりおさまりました。 ブルー×ブラウン 前回のホワイト×ブラウンの塗装からブルー×ブラウンに塗り替え、爽やかな雰囲気に仕上げました。 使用した塗料は無機塗料であるため、耐久性が増します。 外壁塗装をおしゃれにする5つのポイント せっかく外壁塗装を施すのならよりオシャレな見た目にしたい! しかしどんな色を選べばオシャレな外壁塗装ができるのでしょうか?   外壁塗装をおしゃれにする5つのポイントをご紹介します。 配色の比率とバランスを考える 外壁の配色は「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の3種類で考えます。 これら3種類の配色の比率をバランスよく決めれば調和がとれたオシャレな外観になります。   具体的には塗装面積がもっとも大きい「ベースカラー」70%、バルコニーやツートンカラーの塗分けで使用する「アソートカラー」25%、玄関ドアや付帯部などの「アクセントカラー」5%ほどにまとめるのが基本です。 上記の比率を重視し塗装色を決めましょう。 屋根・付帯部の配色を考慮する 外壁塗装を検討する場合は外壁部分以外に屋根・付帯部などを塗装するか考えます。 屋根やドア・サッシなどの付帯部も塗装すれば、外壁との調和も取れやすいです。   ドアやサッシ部分が白・黒系であれば、ほとんどの塗装色に合わせやすいでしょう。 茶色系であれば、ベージュなどの暖色系の色を選択すると全体的にまとまりのある見た目に。   変更が難しい場合は元の色を基準にして外壁・屋根の色合いを決めることをおすすめします。 凸凹・ツヤをつけて仕上げる おしゃれな塗装をする際に、わざと凸凹をつけて立体感を強調させる方法があります。 凸凹をつける塗装方法は以下の4つです。 ・スタッコ吹き付け ・リシン吹き付け ・吹き付けタイル仕上げ ・左官仕上げ 凸凹をつけて立体感を強調させ、奥行きのある外壁に仕上がります。 また凸凹を付ける方法以外にツヤあり塗料を使用しれば外観の印象を変えられます。   凸凹やツヤを調整すれば外壁の印象が大きく変化します。 どのような仕上がりになるのか外壁塗装業者に相談するのもおすすめです。 周辺環境との調和を考えて配色を考える 外壁塗装を行う際は近所の住宅や周辺の建物の色や雰囲気を知るのも重要! 周辺環境との調和を図りつつアソートカラー・アクセントカラーで調整すれば周囲から浮かない自然な色合いになります。 過去の事例を参考にする 外壁塗装業者に依頼する場合は過去の事例を確認しましょう。 自分が気になっている外壁塗装色と同じような事例を確認し、どのような仕上がりになるのか事前に知るのもおすすめです。 外壁塗装の色選びで失敗しないコツ 外壁塗装の塗り替えで最も悩む点は色選び。 1度塗り替えれば約10年間は同じ色で過ごす必要があります。   ここでは外壁塗装の色選びで失敗しない3つのコツをご紹介します。 面積効果に注意する 外壁塗装の中で多い失敗の一つが施工完了後、思っていた色と違ったというケースです。 同じ色でも小さな面積で見た場合と大きな面積で見た場合で見え方が変わります。   外壁の面積は非常に広いため、色サンプルの色と仕上がりの色では違いがあります。 そのため外壁塗装業者に、大きいサイズの色見本を見せてもらいましょう。 屋根・付帯部との相性を考える 外壁塗装色は外壁だけでなく屋根・付帯部の相性も重要です。 屋根・サッシ・ドア部分などの相性が良いと全体の色合いにまとまりがでて、おしゃれな塗装に仕上がります。   とくに屋根部分は外壁の次に面積が広いため、家に大きな印象を与えます。 外壁だけではなく屋根・付帯部との相性やバランスを考えて外壁塗装色を選びましょう。 色見本・カラーシミュレーション通りの色にはならない 外壁塗装の色を決めるとき、外壁塗装業者から色見本やカラーシミュレーションを見せてもらいます。   しかし色見本・カラーシミュレーションだけでは仕上がり具合をイメージするのは難しく、サンプルだけで決めると失敗する可能性も。   実際の外壁は太陽光にさらされるため、光の当たり具合や影のかかり具合で見え方が大きく変わります。 色見本を使用する場合は実際に外に出て、家の外壁にサンプルを当てて確認してみましょう。 また晴れの日以外に曇りや雨の日でも見え方に違いが出るため、可能ならば併せてチェックをおすすめします。 実績が豊富な外壁塗装業者に依頼する 失敗しない外壁塗装は、塗り替える箇所の比率などを考えるのがポイント。 しかし初めての場合などは、なかなか一人で決めるのは難しいものです。   たとえ外壁塗装の色選びに自信があったとしても、まずは外壁塗装専門業者に確認しましょう。   「塗り替え一番屋」では納得のいく外壁塗装を行うため、最新のカラーシミュレーション・実際に塗装した家の確認からお客様が納得するまで何度も打ち合わせを行います。   まとめ せっかく外壁塗装するなら「おしゃれな塗装に仕上げたい!」「近所と同じ色は避けたい」など、さまざまな希望がありますよね?   色選びは外壁塗装にとって重要な過程の一つ。 「塗り替え一番屋」では専門のスタッフと一緒にじっくり外壁塗装の色選びを行います。   満足のいく外壁塗装なら、ぜひ「塗り替え一番屋」までお気軽にご相談ください。  

2021.10.05(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装ビフォー

【ビフォーアフター画像15選】外壁塗装で雰囲気はガラッと変わる!

「外壁塗装をすると印象ってどのくらい変わる?」 「新築の様に生まれ変わるのか知りたい!」 「結局どこの外壁塗装業者がおすすめ?」   外壁塗装の色選びで、それぞれどのような仕上がりになるのか気になりますよね? 外壁塗装の仕上がり具合が事前に分かれば失敗する確率がグッと下がります。   ここでは外壁塗装の「印象が変わった家のビフォーアフター」「新築のように生まれ変わった家」や「おすすめの外壁塗装専門業者」についてご紹介します。   ガラッと雰囲気が変わったビフォーアフター事例5選 外壁塗装で自宅の雰囲気がガラッと変わった事例をご紹介します。 自分が変えたい塗装色の色や組み合わせが決まっている方はぜひ参考にしてくださいね。 ツートンカラーで清潔感あふれる家 前回は単色カラーのみだった外壁をグレー×ホワイト系のツートンカラーに塗り替え、全体的な印象が変わり清潔感あふれる家になりました。 使用した塗料が無機塗料なので耐用年数も長く綺麗な状態を保てます。 工事内容 外壁塗装工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 瓦 外壁使用塗料 無機塗料 工事期間 12日間 シックで高級感のある家 グレー系の色からブルー系の色に塗り替え、全体的な雰囲気がシックで高級感溢れる家に生まれ変わりました。 ガルバリウム鋼板で使用した外壁材の塗料が無機塗料なので、良好な塗装状態が長く続きます。 工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 外壁材の種類 ガルバリウム鋼板 屋根材の種類 ガルバリウム鋼板 外壁使用塗料 無機塗料 工事期間 12日間 落ち着いた雰囲気のある家 ブルー×ホワイト系の外壁からグレー系に変え、明るく落ち着いた雰囲気のある家へ生まれ変わりました。 熱に強く防水効果の高いキルコ断熱塗料を外壁と屋根に使用しているので、温度や湿度に左右されにくいのも魅力です。 工事内容 外壁塗装工事 屋根防水工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 シート防水 外壁使用塗料 キルコ断熱塗料 工事期間 15日間 明るく可愛らしい家 淡いブルー×ホワイト系から濃いブルー×ホワイトで爽やかさがプラスされ、外壁塗装のイメージがガラッと変わりました。 艶のある塗料なので防水性も高いのが特徴的です。 工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 カラーベスト 外壁使用塗料 フッ素塗料 工事期間 15日間 ポップでヨーロッパ風の家 グレー×ホワイトカラーの家にイエローを取り入れて明るくポップな雰囲気に仕上げました。 外壁以外に屋根・付帯部・バルコニーも塗り替え、新築の様な外壁に生まれ変わりました。 工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 カラーベスト 外壁使用塗料 キルコ断熱塗料 工事期間 14日間 新築のように生まれ変わった家のビフォーアフター10選 外壁塗装の際、雰囲気を変えず新築時に戻ったかのような事例を10種類ご紹介します。 色は変えずに外壁塗装を施したい方におすすめです。 パッ!と明るい色が魅力の家 雨漏りの修理と外壁塗装工事を併せてご依頼いただきました。 塗り直す前はやや色褪せておりましたが、外壁塗装でまるで新築のようにパッと明るい家に変身! 工事内容 外壁塗装工事 外壁材の種類 サイディング 外壁使用塗料 フッ素塗料 工事期間 12日間 清潔感のあるツートンカラーが魅力の家 ホワイトとグレーのツートンカラーのオシャレでシンプルな塗装。 同じ色を重ねて塗ると、くすみがなくなり清潔感のある魅力的な家に! 工事内容 外壁塗装工事 外壁材の種類 サイディング 外壁使用塗料 キルコ断熱塗料 工事期間 15日間 モダンな仕上がりの雰囲気の家 新しく外壁塗装を行って色褪せをなくしたところ、深みが増しモダンな仕上がりの家に生まれ変わりました。 工事内容 外壁塗装工事 外壁材の種類 サイディング 外壁使用塗料 フッ素塗料 工事期間 12日間 ポピュラーな雰囲気の家 外壁・屋根塗装を同時に施工。 家全体がくっきりとした色に変わりベージュの優しい色合いがハッキリわかります。 付帯部の塗装とバルコニー部分に防水を施工しているため、綺麗な状態を長く保てます。 工事内容 外壁塗装工事 屋根張替え工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 カラーベスト 外壁使用塗料 キルコ断熱塗料 工事期間 23日間 色褪せがすっかりなくなった家 3トーンを上手に活用し、美しさと重厚感が同時に感じられる外壁塗装を。 塗りなおして色褪せをなくしたところ、新築のように生まれ変わりました。 工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 カラーベスト 外壁使用塗料 フッ素塗料 工事期間 18日間 サイディングが綺麗な縦型ツートンの家 クリヤー塗装はタイル調の柄を活かし、汚れや色褪せもなくツヤのある塗装に仕上げます。 外壁・屋根以外に付帯部にも塗装を施しました。 工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 カラーベスト 外壁使用塗料 RSプレシャスクリアー 工事期間 15日間 上手に色分けされたツートーンカラーの家 無機クリヤーを塗装し新築時のような美しさと強い耐久性を持った住宅に生まれ変わりました。 雨樋・水切り・軒天にも施工を施しましたので、耐水・耐侯性能が上がりました。 工事内容 外壁塗装工事 外壁材の種類 サイディング 外壁使用塗料 無機クリヤー塗料 工事期間 13日間 サイディング材を上手く使った和風の家 外壁・屋根の両方を濃い色のカラーに塗装し直し、純和風の落ち着いた雰囲気に。 木部・破風板・軒天も施工したので、耐久性が格段に上がりました。 工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 カラーベスト 外壁使用塗料 シリコン塗料 工事期間 15日間 凸凹を上手く活用した落ち着きのある家 ベランダの凸凹部分のホワイト×グレーを上手く活用し、落ち着きのある雰囲気を。 清潔感はそのままで色褪せや汚れがなくなったため、より魅力的に。 工事内容 外壁塗装工事 外壁材の種類 サイディング 外壁使用塗料 シリコン塗料 工事期間 12日間 シックでおしゃれな雰囲気の家 色褪せや汚れを取り除き、モダンでシックな色合いの外壁塗装を施しました。 新たに塗り直し、新築のような美しさを。 工事内容 外壁塗装工事 屋根塗装工事 外壁材の種類 サイディング 屋根材の種類 折半屋根 外壁使用塗料 フッ素塗料 工事期間 15日間 外壁塗装で失敗しないよう実績豊富な業者に依頼する 外壁塗装の色選びで失敗しないためには、経験と知識が豊富な専門業者に依頼するのがおすすめです。 さまざまな環境下に晒される外壁は、住宅や家ごとに異なる症状や悩みをかかえています。   そのため実績が豊富な専門業者に依頼すれば新築のように美しい外壁に生まれ変わりますよ。 「塗り替え一番屋」では名古屋市内で3,800件以上の施工実績を持ち、自社職人が1軒ずつ丁寧に外壁の点検を行います。 まとめ 外壁塗装を検討しているものの、仕上がりがどうなるのか気になりますよね? 塗装の専門業者が公表している外壁塗装のビフォーアフター画像を見れば、イメージが湧き失敗の防止につながります。   「塗り替え一番屋」では、色サンプルやカラーシミュレーションツールだけでは不安な方へ、工事を施した写真や実物を見学し、塗装後の仕上がりを実際に見ていただきます。   「外壁塗装で注文通りの色になるのか心配・・・」という方は、ぜひお気軽にご相談してくださいね。        

2021.10.05(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装で風水を取り入れる!運気アップの方法と注意点を解説

外壁塗装で風水を取り入れたい 風水で得られる色の効果を知りたい 風水で運気を上げるポイントって何? 風水の効果を高めるための注意点を教えて欲しい 数十万円~数百万円の費用が必要な外壁塗装だからこそ、失敗したくないのは当然ですよね。 外壁塗装で風水を取り入れるにはいくつかの注意点を守る必要があります。 ここでは「風水で得られる色の効果」「運気を上げるポイント2選」「風水の効果を高めるための注意点」についてご紹介します。 外壁塗装の色で悩んだときは風水を使う 外壁塗装色に対して強いこだわりがなく、どんな色を選べばよいか分からない方は風水を取り入れてみてはいかがでしょうか。 面積が大きく常に取り囲んでくれている外壁は風水の効果が高いとされています。 風水で得たい効果は人それぞれですが、その時に必要な希望や願望を外壁塗装色で表してみるのも良いのでは。 外壁塗装の前に必見!「風水で得られる色ごとの効果」 外壁塗装で使われる機会が多い色の風水効果についてご紹介します。 外壁塗装をこれから行う予定の方は希望の色に加えて風水も一緒に意識してみてはいかがでしょうか。 ホワイト・ベージュ系の風水効果 外壁においてホワイト・ベージュ系は明るくて清潔感があり、落ち着いた色のイメージが強いカラーです。 浄化効果に期待がもてるとされており、幸福な家庭生活が送れて仕事への情熱もアップする効果を得られると言われています。 家族と末永く穏やかに過ごしたい方におすすめの外壁塗装色です。 ブラックの風水効果 風水において黒は「人を寄せ付けない」色とされてます。 一方で「無駄遣いをせず貯蓄が増える効果」「人間関係に左右されない」「プライバシーを守って生活できる」効果が期待できます。 とくに余計な人間関係に関わりたくないという方は、外壁塗装に黒を取り入れてみると良いかもしれません。 ブラウンの風水効果 風水においてブラウンは土の気を持っており、土台を作る色とされ「安定感・信頼感」がアップすると言われています。 茶色は外壁のみならず家具などでも取り入れやすいため、インテリアにも取り入れると運気アップにつながるでしょう。 グレーの風水効果 グレーには気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。 また静寂のイメージを持っているため、安心して静かな生活を過ごしたい方にはおすすめのカラーといえるでしょう。 ブルーの風水効果 さわやかなイメージを持つブルー系は濃い色・明るい色で風水の効果が違います。 濃い青色・紺色は「仕事運・勉強運」がアップし、明るい色・水色は「信頼感・結婚運」がアップすると言われています。 受験中の子供がいらっしゃる方は濃い青色・紺色を、仕事などで相手からの信頼を受けたい方は明るい青を選ぶと良いでしょう。 イエローの風水効果 イエローは風水の中で最も人気が高く、身に着けると「金運アップ」の効果があるのは有名な話でしょう。 現時点で金運アップ・貯蓄を増やしたいと考えている方にはおすすめのカラーといえます。 グリーンの風水効果 明るく自然なイメージを連想させるグリーンは風水において貯蓄効果や不動産運を高める効果があるとされています。 また「癒し」の効果をもたらしてくれるため、リラックス効果を得たい人におすすめのカラーといえるでしょう。 外壁塗装の前に必見!「風水で運気を上げるポイント2選」 風水で運気を上げるためには色の効果以外に方角も重要です。 希望の外壁塗装色と方角を一致させることで、より一層風水の効果を高められます。 ここでは風水で運気を上げるポイント2選をご紹介します。 方角で色を決める 風水の効果を知るための代表的な要素は色・方角の2種類です。 外壁塗装する家の方角・立地・日当たり具合も考慮して色選びする必要があります。 色 相性が良い方角 ホワイト・ベージュ系 全方角で効果を発揮する ブラック系 北 ブラウン系 南西 グレー系 北西 ブルー系 東 イエロー系 西 グリーン系 東 色が持つ開運効果を知っておこう 風水において最も希望されているのが「仕事運」「健康運」「金運」の3種類です。 ここでは3種類の開運効果と相性が良い方角についてご紹介します。 ・仕事運 色 相性が良い方角 ホワイト・ベージュ系 全方角で効果を発揮する ブルー系 東 グレー系 北西 ・健康運 色 相性が良い方角 ブラウン系 南西 レッド系 南 オレンジ系 南東 ピンク系 西 グリーン系 東 ・金運 色 相性が良い方角 イエロー系 西 ブラック系 北 外壁塗装の前に必見!「風水の効果を高めるための注意点」 外壁塗装に風水を取り入れる場合は色と方角の相性を合わせれば問題ないわけではありません。 ここでは風水の効果をより高めるための注意点についてご紹介します。 外壁汚れは運気が下がる 外壁塗装を長年放置させてメンテナンスを怠って、外壁・屋根の汚れが溜ってしまうと気の流れが悪くなり運気が下がってしまいます。 また汚れや劣化を放置しておくと風水の効果以外に、ひび割れの原因となってしまい建物の耐久性を低下させることに。 外壁塗装の耐用年数は10年前後がほとんどとされています。 塗料の種類・立地条件によってメンテナンス時期は変わりますが、外壁部分に何かしらの異常を感じた場合は塗り替えを検討しましょう。 定期的にメンテナンスをして綺麗な状態の外壁を保つことが、運気を維持させる秘訣といっても過言ではありません。 風水よりも仕上がりを重視する 風水ばかりに気を取られてしまうと、仕上がりに満足いかない可能性があります。 気に入った色や開運効果のある塗装に仕上げるのも大事ですが、周囲の景観・付帯部・外壁・屋根のバランスに配慮して外観をイメージして仕上げることが重要です。 やみくもに風水を取り入れるのではなく、外壁塗装色を決めるための基本をしっかりと抑えながら選ぶようにしましょう。 外壁塗装の色選びに慣れている塗装業者に相談する 外壁塗装に風水を取り入れて選ぶ場合は開運効果の意味を知ることも重要ですが、色選びに慣れている塗装業者に相談することが大切です。 「塗り替え一番屋」では最新のカラーシミュレーションソフトを使い、さまざまなパターンの外壁塗装を組み合わせて色選びを行っています。 また自宅の写真があればその場ですぐに外壁・屋根塗装のイメージを確認できます。 自分好みの色・近所の家との調和する色・ツートーンカラーなど色々な外壁塗装パターンを試してみましょう。 まとめ 外壁塗装は色の種類が多いため自分が気に入るカラーパターンを見つけるのは非常に大変です。 もし気に入った外壁塗装色が決まらない場合は、風水を取り入れてみるのも良いのでは。 しかし風水の開運効果のことばかり気にしてしまい、本来の外壁塗装の色選びで失敗しては本末転倒です。 「塗り替え一番屋」ではお客様が納得いくまで、専門のスタッフが最後まで一緒に打ち合わせを行います。 相談・見積もり・診断は無料で行っていますので、取り入れたい風水の効果と外壁塗装の組み合わせパターンについてお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。

2021.08.31(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装色で失敗しない方法9選!注意点と具体的な対処法を解説

外壁塗装の色選びで失敗したくない 失敗しないために注意することって何? もし失敗した場合の対処方法ってあるの? 外壁塗装は数百万円近くの高額費用が必要であるため、これらのような悩みを持っている方も多いのでは。 ここでは「外壁塗装色選びで押さえておくべきポイント9選」「外壁塗装で失敗しないための注意点」「実際に失敗したときの対処法」を解説します。 最終的にどのような外壁塗装業者を選べば良いのかご紹介します。 外壁塗装色選びで迷われている方は、ぜひ参考にしてくださいね。 外壁塗装色でよくある失敗とは 外壁塗装は数十万円~数百万円と高額費用が掛かるため、失敗したくないと思うのは当然のこと。 しかし全ての人が満足する外壁塗装を行えているわけではありません。 ここでは外壁塗装でよくある失敗についてご紹介します。 イメージと仕上がりに違いがある 外壁塗装の良くある失敗で最も多いのが「イメージと仕上がりが違う」というものです。 色見本帳やカラーシミュレーションツールを使って慎重に選んだものの、施工が完了したらイメージと違っていたなんてことも。 外壁塗装色を決める際は色見本帳やカラーシミュレーションツールだけではなく、決定した色に似た塗装がされている家を探して参考にしてみましょう。 玄関・屋根の色とマッチしない 実際に施工してみたものの玄関や屋根の色とマッチせず、まとまりがない色合いになっているケースがあります。 外壁塗装の色選びの間違いである可能性が高いため、外壁塗装業者とよく相談してから決めるようにしましょう。 汚れが目立ちやすい塗料を選んでしまった 外壁塗装色には汚れが目立ちやすいカラーがあります。 主にホワイト・ブラックは砂や土ホコリの汚れが目立ちやすく、レッド・ブルーなどは粉塵や黄砂などの汚れが目立ちやすいとされています。 外壁塗装色選びで失敗しないためのポイント9選 外壁塗装の色選びではいくつかの注意点に気を付けることで、失敗する確率が大幅に減ります。 ここでは外壁塗装色選びで失敗しないためのポイント9選をご紹介します。 試し塗りをお願いする 外壁塗装業者によっては外壁に試し塗りを行ってくれるところがあります。 試し塗りを行うと完成後のイメージがつきやすいため、色選びのミスを抑えられます。 外壁塗装業者に試し塗りが可能か確認し、天気の良い日・悪い日・朝昼晩も含めてどのような仕上がりになるのか試してみましょう 面積効果に注意する 面積効果とは全く同じ色でも面積の大きさで見え方が異なることを指します。 塗料のカタログ・色見本帳と実際の色では見え方が違う場合が多いため、面積効果を理解しておくことは外壁塗装色選びにおいて重要な工程の一つです。 色見本は屋外で確認する 外壁塗装色の仕上がりは色見本やカラーシミュレーション通りになる確率は少ないといって良いでしょう。 また外壁塗装色は太陽光の当たり具合や影の当たり方で見え方が違います。 そのため色見本を使う場合は太陽光に照らして、実際の外壁に直接当てて確認すると仕上がり具合がイメージしやすくなるでしょう。 塗料の艶具合をチェックする 外壁塗装の塗料は艶の加減も調整可能です。 艶が必要な場合は「七分艶・五分艶」を選び、艶が必要ない場合は「三分艶・艶消し」を選ぶようにしましょう。 なお艶加減の確認は晴れの日に明るい場所でチェックしないと艶がどのくらいか分かりにくく、色選びで失敗する可能性が高くなるため注意が必要です サッシ・ドア・屋根との相性を考える 外壁塗装色を決める場合は外壁だけに注力してしまうと、失敗の原因になりかねません。 サッシ・ドア・屋根との相性も考えた上で色を決めないと、バランスが崩れた見た目の悪い外壁となってしまいます。 軒天は薄い色を使う 色の組み合わせで見え方は変わりますが、軒天は外壁よりも薄い色を使うことが基本となっています。 軒天は日の光が上から当たり影になるため、ブラック系の塗装色を選ぶと他の部分より暗く見えることも。 ホワイト系や薄い色は軒天に塗ると立体感を感じられ、室内から外を見た際に明るく見える特徴があります。 家の写真で影の具合を確認する 気になっている色で塗装されている建物の写真があれば参考にすることをおすすめします。 外壁塗装は天候によって見え方が変わるため、写真と比較することは重要です。 また写真を見るときは影になっている箇所と日が当たっている箇所に注意しましょう。 屋根の下部は影になっており天気の悪い日に見ると、どのような状態の見え方であるのか良く分かります。 また外壁に日が当たっている場合は晴れている日の色合いも判断できますよ。 周辺の住宅とのバランスを考える 周囲の戸建てがどのようなカラーを採用しているのか、周りの住宅カラーとのバランスを知るためにも必ずチェックしておきましょう。 また周囲の環境に合わせるのか周囲よりも目立たせるのかは、外壁塗装業者と打ち合わせして事前に決めておくことをおすすめします。 景観ガイドラインの有無を確認する 外壁塗装の施工時に注意して欲しいのが、周囲の景観を乱していない色であるかどうかです。 市区町村によっては街の景観を損なわないよう「景観ガイドライン」を定めている場合も。 新築購入時や外壁塗装を初めて行う場合は、必ず該当の市区町村にガイドラインが定められていないか確認が必要です。 もしお住いの地域に景観ガイドラインが定められている場合は、外壁塗装業者と相談しながら好みの塗装色を決めていきましょう。 外壁塗装色選びで失敗しないコツ 外壁塗装の色選びをする際に自分の家は何色が合うのか、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。 しかし高額な費用を出して外壁塗装をするからには、気に入らない色に塗装したくないと思うのは当然のこと。 ここでは外壁塗装の色選びで失敗しない4つのコツについてご紹介します。 落ち着いた雰囲気の色を選ぶ 外壁塗装は自分で色を決められるため、個性的な色にしたいと考える方も多いでしょう。 よほどのことがない限り問題はありませんが、あまりにも派手な色の外壁にしてしまうと「変わった人が住んでいる場所...。」と余計な先入観を持たれてしまうかもしれません。 外壁塗装は個性的で派手な色を選ぶよりも、落ち着いた色を選ぶ方が周囲の風景に溶け込みやすく無難といえます。 また塗装後に汚れが目立ちにくいベージュ系などは雰囲気を壊さないため景観ガイドラインにも抵触することはありません。 近所の家・街並みの景観を確認する 自分の選んだ外壁塗装色が周辺の家と調和がとれているか確認する必要があります。 ベージュ系やホワイト系の建物が立ち並ぶ中で、1棟だけ赤や青のような原色の家があると違和感が出てしまいます。 近所の家はもちろん街全体の雰囲気を壊していないか、バランスを考えて塗装しましょう。 同じ塗料を施工した家を見せてもらう 色見本やカラーシミュレーションツールを使うだけではなく、実際に同じ塗装をした家の現場に連れて行ってもらうこともおすすめです。 しかし外壁塗装業者によっては個人情報の関係で見せてくれない場合もあります。 もし見せてもらえた場合は塗装した時期を確認した上で 汚れが目立つ色か 塗装の塗りむらがないかどうか 耐久性を保っているか などをチェックしておきましょう。 色見本は大きめのサイズで作ってもらう 外壁塗装の具体的な色を決めるために、塗装業者から色見本を渡されます。 渡された色見本が小さいサイズであれば、大きいサイズの色見本が作成可能か聞いてみましょう。 色見本帳や塗板などのサンプルは面積の大小によって色の見え方が変わり、面積効果の影響を受けやすいとされています。 小さい色見本だけで塗装色を決定すると、施工完了後にイメージと全く違う仕上がりになるケースがあります。 色を決める場合はできる限りサイズの大きい色見本をもらい、実際の外壁と照らし合わせるようにしましょう。 外壁塗装の色選びで失敗した際の対処法 外壁塗装でイメージと違う色に仕上がってしまったなどの失敗は良くあります。 万全に準備していたのにも関わらず、思っていた色と違うものになった場合はどうすれば良いのでしょうか。 ここでは外壁塗装の色選びで失敗したときの対処法について解説します。 外壁塗装業者に直接連絡する 外壁塗装において何かしらの問題が起きた場合や疑問に感じたことがあれば、現場責任者にすぐに話をしましょう。 相談しようか迷っている間にも工事はどんどん進んでしまいます。 また現場監督に相談しても問題が改善しない場合は、依頼している外壁塗装業者に直接連絡しましょう。 施工完了後に問題を指摘しても復旧できなければ意味がありません。 使用した塗料が正しいものか確認する イメージと仕上がりがあまりにも違う場合は依頼している塗料が使われたかどうか必ず確認しましょう。 万が一違う塗料が使われていた場合は塗り直しの要求が可能です。 また塗料が間違っていなくても、乾く前と後で見え方が大きく変わる場合があります。 施工前に見え方の違いに対して話しがなかった場合は、現場責任者から納得のいく説明をしてもらうようにしましょう。 塗料の変更と費用について話し合う 塗料が間違っていなくても仕上がりに納得がいかない場合は、塗料の変更が可能か確認することをおすすめします。 作業工程が前半の場合は塗料を変更するだけで修正可能になるケースも。 施工完了後に再塗装になると追加料金が必要になる場合もあるため、気になった時点で早めに対策を取るようにしましょう。 最後までしっかり対応してくれる外壁塗装業者を選ぶ 外壁塗装の失敗は色選びの段階で起きるケースが多くあります。 そのため外壁塗装業者と色選びについて納得いくまで打ち合わせを行うのは、色選びにおいて重要な過程の一つです。 「塗り替え一番屋」では実際の家の写真を使い塗り替えイメージを見て、さまざまなカラーパターンを確認できるようにしています。 また最新のカラーシミュレーションツールを活用し、リアルに仕上がりをイメージできるようにしています。 まとめ 外壁塗装は数百万円近くの費用を掛けるため、失敗しないか不安という方も多いのでは。 「塗り替え一番屋」ではそのような失敗がないように、お客様の自宅の写真を使いその場で外壁・屋根塗装のカラーパターンを提出できるようにしています。 外壁塗装色の仕上がりイメージが想像できない...。 新築で購入して初めての外壁そうだから不安。 近所の家と調和を図れるような色にしたい。 そのような悩みをお持ちの方は相談・見積もり・診断を全て無料で行っている「塗り替え一番屋」まで、ぜひご連絡くださいね。

2021.08.31(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装で色褪せが起きる原因とは?失敗しない塗料の選び方を解説

外壁塗装の色褪せは年数が経てばどんな家でも起こりうる現象です。 しかしできる限り色褪せの進行を抑えて長持ちさせたいと考えている方がほとんどなのではないでしょうか。 そのような方に向けて 色褪せが起きる原因 色褪せの進行を遅らせる方法 色持ちの良い塗料の選び方 色選びで失敗しない方法 について解説します。 これらを理解しておくことで色褪せの進行を抑え外壁塗装にかかる費用の節約につなげられます。 ここでは外壁塗装の「色褪せが起きる原因」「色褪せの進行を遅らせる方法」「色持ちが良い塗料を選ぶ4つのポイント」「色選びで失敗しない3つのコツ」についてご紹介します。 外壁塗装の色褪せが起きる2つの原因 自宅と他の家と比べて色がくすんで見えると感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 家が古くて年季が入っているように見える原因は、色褪せが起きている可能性があります。 何故このようなことが起きてしまうのでしょうか。 ここでは外壁塗装において色褪せが起きる2つの原因についてご紹介します。 顔料中の結合が切断される 塗料の元となっている顔料は原子の結合から構成されています。 原子の結合には強弱があり、結びつきの強さを表しているのが結合エネルギーです。 原子同士の結びつきの強さを表す結合エネルギーが強すぎると、原子同士の結びつきが破壊されてしまいます。 そして原子の破壊によって結合が切断され、色味が変わり外壁で「色褪せ」が起こってしまうのです。 化学変化で物質が変化する 色褪せが起きるもう一つの原因は化学変化によって物質が変化してしまうことです。 化学変化は酸素・水・熱によって促進されます。 外壁は紫外線や雨にさらされており、化学変化が起きやすく色褪せになりやすいといえます。 色褪せの進行を遅らせる方法とは 色褪せは紫外線や雨などによる汚れ・カビが原因の自然現象で起こるため、完全に防止することはできません。 色褪せを起こりにくくさせる方法として 再塗装で色褪せを解消させる 塗装時に色褪せしにくい塗料を選ぶ などがあります。 ここでは色褪せの進行を遅らせ方法についてご紹介します。 再塗装で色褪せを解消させる 色褪せした外壁は再塗装することで色褪せの解消が可能です。 塗料の耐久性・建物の場所によって劣化スピードは変わりますが、新築もしくは塗装して10年以上経過した場合は色褪せが起こっている可能性が高いといえるでしょう。 色褪せがしにくい色とは? 色褪せの進行を遅らせる方法として、色褪せしにくい塗料を選ぶのは大切です。 ホワイト系・クリーム系・ブラック系など落ち着いた色は劣化しにくく、赤や緑など原色に近い鮮明な色は色褪せしやすいとされています。 とくにグレー・ベージュ・ブラウンは色褪せ以外に汚れも目立ちにくく、ほとんどの外観に合わせやすい落ち着いた色です。 外壁塗装色選びで悩んでいて色褪せがしにくい色を探している方は、これらの3色から選ぶことをおすすめします。 色持ちが良い塗料を選ぶ4つのポイント 外壁塗装は年数の経過とともに色褪せが起きるため、どんな塗料であってもいつかは塗装しなければいけません。 しかし塗料によって耐久性が違うため、色褪せする年数を長くすることで結果的に費用を抑えられます。 そのためには色持ちが良い塗料で外壁塗装をする必要があります。 ここでは耐久性の高い塗料を選ぶ4つのポイントについてご紹介します。 耐用年数が長い塗料を選ぶ 色褪せをしにくくするためには耐用年数が高い塗料を選ぶ必要があります。 耐用年数が高い塗料は紫外線の影響を受けにくく色褪せが起きにくいため、メンテナンスの頻度が抑えられるメリットも。 塗料の種類 耐用年数 ウレタン塗料 8~10年 シリコン塗料 10~15年 フッ素塗料 15~20年 無機塗料 20~25年 上記でご紹介した耐用年数はあくまで目安であり、日当たり具合や建物の立地などによって変化します。 また耐用年数が低い塗料は費用が安くなっており、耐用年数が高い塗料は費用も高くなってしまいます。 そのため自身の予算に合わせて塗料を選んでいくことは、非常に重要です。 劣化因子を制御する「ラジカル制御塗料」を使う 塗料には酸化チタンと呼ばれる物質が入っており、紫外線を浴びることで劣化因子のラジカルが発生し塗膜が破壊されてしまいます。 ラジカル制御塗料は塗膜劣化を防ぎ色褪せがしにくい性質を持っています。 耐久年数が高い塗料が予算オーバーとなる場合は、安めのラジカル制御塗料を使うことで同様の効果を得られるためおすすめです。 汚れが付きにくい「光触媒塗料」を選ぶ 光触媒塗料は塗膜を劣化させる紫外線を利用し、表面の汚れを分解して雨で洗い流すため、汚れが目立ちにくい特徴を持っています。 そのため色褪せから外壁を防ぎ長期にわたり自宅を守ってくれます。 しかし日当たりの悪い立地の場合は効果が発揮しにくいため、光触媒塗料を使う場合は外壁塗装業者へ事前に相談するようにしましょう。 艶あり塗料を選ぶ 塗料には「艶あり」「艶なし」の2種類があります。 艶なし塗料は艶消し剤を使うため塗料の耐久性が落ちてしまうデメリットがあります。 艶がないと水はけが悪く汚れやすいため、カビ・コケ・藻が発生し外壁塗装の劣化になることも。 色褪せが気になる場合は艶なし塗料を使わず、艶あり塗料を選択しましょう。 色選びで失敗しない3つのコツ 外壁塗装の工事費用は数十万円~数百万円もかかるため、色選びで失敗するわけにはいきません。 ここでは色選びでこだわっておきたい3つのコツについてご紹介します。 サイズの大きい色見本を使う 外壁塗装には面積効果と呼ばれ、塗装面積が大きいものと小さいもので見え方が違う現象があります。 色見本が小さいと明るい色は暗く感じ、暗い色は明るく見えてしまう場合も。 そのため色見本で見た実際の色と施工後の仕上がりイメージは違う色のように感じてしまいます。 色見本を使う場合はサイズの大きいものを使い、面積効果を考慮して塗装色を選ぶようにしましょう。 色見本を屋外で見る 色見本を使って外壁塗装色を選ぶ際は室内で確認する方が多いのでは。 色見本は光の当たり具合によって見え方が変わるため、実際の色が分かりにくくなっています。 また朝・昼・晩で光の色味に違いがあり、天候によっても見え方が変わります。 そのため色見本を確認する場合は室内では使用せず、屋外で確認を行うようにしましょう。 周囲の景観を考える 外壁塗装の色選びで失敗しない方法として、周囲の景観に配慮する必要があります。 地域によっては景観ガイドラインを定めているところもあり、違反すると「原状回復命令」「工事の施工停止」「色彩変更」などの措置を取られてしまう可能性があります。 外壁塗装を依頼する場合は居住地区に景観ガイドラインが発行されていないか、外壁塗装業者に確認するようにしましょう。 実績が豊富にある外壁塗装業者を選ぶ 色褪せの進行を遅らせつつ希望の色で塗り替えを行うのであれば、実績が豊富にある外壁塗装業者を選びましょう。 「塗り替え一番屋」は塗装専門店として塗料メーカーや足場・防水業者と業務提携を行い、原価を抑えて高品質な材料を仕入れております。 また施工は全て自社職人で行っており、これまでに名古屋市内で3,800件以上の実績も。 最新のカラーシミュレーションソフトを使い、専門のスタッフと納得がいくまで色選びの打ち合わせを行っています。  まとめ 外壁塗装はマイホームを所有していれば、いつかは必ず行うべきメンテナンスです。 年数の経過とともに色褪せは起きて、放置しておくと外壁材が変形しひび割れが起きる自体に。 ひび割れから水が浸入してしまうと、内部の木材に染み込んでしまい構造上の問題を起こす可能性があります。 外壁塗装を怠った結果、後々に大損害になったケースも。 色褪せが起きている場合は外壁塗装を行うサインの一つでもあるため、外壁塗装業者に相談するようにしましょう。 相談・見積もり・診断を無料で行っていますので、「塗り替え一番屋」までお気軽にお問い合わせくださいね。

2021.08.31(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装の色分けパターンとは?失敗しない色選びと注意点を解説

外壁塗装で色分けのパターンは何種類? 色分けするときの注意点を知りたい 色選びで失敗しない方法ってあるの? 外壁塗装色を決めるときにこのような悩みをお持ちの方も多いのでは? とくに色を組み合わせて決めていくツートーンカラーは色の相性もあるため、ポイントを押さえておかないと失敗する場合があります。 ここでは「色分けのパターン」「色分けする際の6つのポイント」「色選びで失敗しない3つの方法」の説明に加え「信頼できる外壁塗装業者」についてご紹介します。 外壁塗装の塗り替えを検討している方は必見の内容ですよ。 【ツートーンカラー】3つの色分けパターン 外壁をツートーンカラーにする場合は色をどこで区切るのかは非常に重要です。 ツートーンで区切る場合は主に3種類の方法があります。 ここでは3つの色分けパターンについてご紹介します。 水平に上下で分ける方法 ツートーンカラーで最も主流になっているのが上下で水平に色を分ける方法です。 1階部分を濃い色、2階部分を淡い色の配色にすると重厚感がある雰囲気を演出できます。 また1階が淡い色、2階が濃い色の場合は主張が強い外観となるため、好みの配色がどちらであるか慎重に行いましょう。 色をツートーンカラーに塗りなおすことで新築のように生まれ変わりました。 カラーシミュレーションや色見本だけでは分かりにくい部分もあるため、実際の壁に試し塗りすることで仕上がり具合をイメージしやすくしたのが良かったですね。 セパレート部分に色を塗ることで家全体の輪郭がはっきりしたように見えます。 付帯部にも色を組み合わせることで、清潔感も感じとれます。 前回の塗装からガラリと変えたツートーンで、別の家のようにガラリと雰囲気が変わりました。 艶あり塗料を使っているので色褪せの耐久性が上がり、長くお使いいただけることでしょう。 縦のラインを垂直に分ける方法 縦に違うカラーのラインを垂直で分けると、落ち着いた雰囲気に仕上がります。 配色を縦に分ける場合は窓枠に沿って垂直に区切るなどの方法がとられます。 綺麗に縦で垂直に分けられて塗装されており、どっしりとした重厚感のある佇まいに変化しました。 軒天もブルー系で揃えることでクールな印象を与えてくれています。 施工前はすでに色褪せがあったため、塗り替え後は新築のように生まれ変わりました。 外壁以外に屋根・付帯部もシリコン塗装しているため、あと数十年は問題ないのではないでしょうか。 ベージュ系からブラウン系の濃い色に塗り替えしました。 明るい印象の塗装からモダンな雰囲気の外壁に仕上がりました。 凸凹の箇所で色を分ける方法 バルコニー・ベランダ・玄関・出窓部分など出っ張り部分にメインの色を使うことで、立体感が生まれ狭小住宅も大きく見せる効果を得られます。 上記でご説明した水平で区切るパターン・垂直で分けるパターンと組み合わせると雰囲気が大きく変わります。 ベージュ系のカラーから出っ張り部分をグレー系に変えることでシックなデザインに仕上がりました。 付帯部も一緒に塗り替えることで、全体的な印象も変わっています。 外壁塗装と出っ張り部分の色を分けることで、パッと明るい印象に変わりました。 清潔感も高く近隣の家との調和も取れているのもポイントですね。 外壁から出っ張り部分まで全て塗り替えることでイメージがガラリと変わりました。 ベージュ系からネイビー系に変えてモダンな感じに仕上がりましたね。 外壁塗装を色分けするポイント6選 外壁塗装を色分けする際はいくつかの注意点を守ることで失敗する確率が大幅に減ります。 ここでは外壁塗装を色分けするポイントを6つご紹介します。 色の比率に注意する 外壁塗装をツートーンにする場合は6:4~7:3の比率を基準にするとバランス良く見えます。 必ずこの比率にする必要はありませんが、ベースカラーとアソートカラーのバランスを考えるようにしましょう。 色を使う場合の比率は注意 3色に分ける場合は「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の比率を意識すると良いでしょう。 塗装面積が一番大きいベースカラーは全体の60~70%、次に使用率が多いアソートカラーは全体の20~30%、付帯部分に使うアクセントカラーは5~10%程度の使用がおすすめです。 同系色をまとめて組み合わせる 配色選びに迷ったときは同系色でまとめると、失敗が少なく無難な色にまとめやすいためおすすめです。 「白&グレー」「グレー&黒」「クリーム&ブラウン」などが一般的に多く見受けられます。 セパレーションカラーを入れてまとめる 同色系の色でもまとまらない場合などは色と色の間にセパレーションカラーを入れるようにしましょう。 幕板や雨桶などにアクセントを加えることで、全体にまとまりが出る場合があります。 セパレーション部分に白や黒など、他とぶつかりにくい色を採用すると上手くまとまりやすいとされています。 落ち着いた色合いでまとめる 淡いカラーなど落ち着いた色を組み合わせると失敗する確率は低くなるとされています。 ベージュ系などの色は周囲との調和を取りやすく、汚れなども目立ちにくいのでおすすめです。 付帯部との相性に注意する 雨戸・戸袋・破風板・軒天などの付帯部の色との相性に注意しましょう。 同じ色で塗装するか、セパレーションカラーを採用するか検討する必要があります。 付帯部は白や黒を選んでも、家全体の雰囲気が大きく変わるのも特徴の一つです。 外壁塗装の色選びで失敗しないための3つの注意点 外壁塗装の色選びで失敗する人には、いくつかの特徴があります。 カラーシミュレーションだけに頼らない 面積効果を理解する 悪徳業者に依頼しないよう注意する ここでは3つの注意点についてご紹介します。 カラーシミュレーションだけに頼らない 外壁塗装の色選びで失敗する原因の1つがカラーシミュレーションに頼りすぎる場合です。 カラーシミュレーションはPC上で外壁の組み合わせや色合いを確認できますが、モニターの性能やプリンターの濃度設定具合によって見え方が変わります。 また太陽光や影の具合が分かりにくいため、仕上がりイメージが大きく違ってしまいます。 カラーシミュレーションだけに頼らずに色見本などを活用して色を決めていきましょう。 面積効果を理解する 外壁塗装色を決める際に重要なのは面積効果です。 塗装する面積が広いほど明るく見える性質を面積効果と呼びますが、理解せずに選んでしまうとイメージとかけ離れた外壁になりやすいです。 色を決める場合は大きいサイズの色見本を使い、塗装予定の色を使っている家を自分の目で確認すると失敗する確率は低くなるでしょう。 悪徳業者に依頼しないよう注意する 悪徳業者に依頼してしまうと、高い確率で外壁塗装を失敗してしまいます。 見積もりで決めていた塗料と全く別の材料を使われる危険性があり、イメージとはほど遠い色になる可能性があります。 悪徳業者に騙されないためには、相見積もりが最も有効な手段です。 複数の業者から同じ条件で見積もりをすることで、見積書の書き方・費用・材料・工事内容を一目で確認できます。 悪徳業者の見積書は詳細な内容が書かれていないなど、明らかに不明瞭な点が多く見受けられます。 外壁塗装業者選びをする際は相見積もりは必須の工程といえるでしょう。 信頼と実績が豊富な外壁塗装業者を選ぶ 外壁塗装を成功させるには信頼と実績が豊富な外壁塗装業者に依頼することが、一番の近道といえるでしょう。 「塗り替え一番屋」では3,800件以上の施工実績があり、名古屋在住の方からたくさん喜びの声をいただいております。 外壁塗装色の仕上がりイメージがつかないなどの悩みをお持ちの方は、ぜひ相談してください。 まとめ 外壁塗装で色分けをする際は組み合わせパターンを間違えてしまわないか不安な方も多いのでは。 悩みを持たれている内容として 近所の家と同じような色は避けたい 周辺地域の街並みと色の調和を図りたい ツートーンカラーの仕上がりイメージがつかない...。 などがあげられます。 「塗り替え一番屋」では実際の家の写真でイメージを確認できますので、仕上がりイメージを具体的に分かりやすくしております。 またカラーシミュレーションは無料で、お客様が納得するまで一緒に打ち合わせを行っています。 外壁塗装の色分けを行う際にお悩みの方は相談・見積もり・診断が無料なので、ぜひ一度ご連絡くださいね。

2021.08.29(Sun)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装色選び

外壁塗装色のシミュレーションで失敗しないポイントと注意点とは

外壁塗装色を決めるためにネットで色々調べたけれど「イメージ通りの色じゃなかった...。」なんて言葉が書かれているのを見たことはありませんか。 外壁塗装色のシミュレーションツールを活用することで思っていた通りのイメージにグッと近づきます。 しかし気を付けておくべきポイントを押さえておかないと、色選びに失敗する可能性も。 ここでは外壁塗装色のシミュレーションツールの種類・特徴を説明しつつ「カラーシミュレーション時の注意点」「外壁塗装色で失敗しない5つのポイント」をご紹介します。 外壁塗装色はシミュレーションツールを活用する 外壁塗装の塗り替えを行う際は外壁塗装専門業者に相談する必要があります。 打ち合わせの内容は業者によって違いがありますが、基本的には「色見本帳」「塗板」「カラーシミュレーションソフト」を使い色を選んでいきます。 ここでは外壁塗装色を決めるカラーシミュレーションツールの特徴についてご紹介します。 色見本帳を使う 厚紙などに外壁塗装に使う色を塗り、一度に多くの見本をチェックできる色見本帳。 塗料のカタログを見て「希望の色が見つからない」「色のイメージが湧かない」という方は、大変参考になるでしょう。 色見本帳は塗料メーカーが施工店に配布しているものと、日本塗料工業会が発行しているものの2種類があります。 塗料メーカーが発行しているものは時代ごとに主流となっている色を掲載しているため、色選びする際は非常に分かりやすいです。 日本塗料工業会が発行している色見本帳は、日本共通の色番号が記載されています。 塗料メーカーのカタログに記載されていない色もあるため、個性的な外壁塗装色に塗り替えたい方におすすめです。 塗板を使う 塗板は実際に使用している塗料を塗ることで、施工後の仕上がりが具体的にイメージできる色見本です。 色見本帳よりも実際の色を確認しやすく、質感・艶感も確認できるメリットがあります。 カラーシミュレーションソフトを使う PCソフトを使い自宅の写真に色をはめて確認できるため、仕上がり具合が分かりやすい特徴を持っています。 また「塗り替え一番屋」では最新のカラーシミュレーションソフトを無料で利用可能です。 また色見本帳だけではイメージしにくいツートーンカラーや玄関回り・外壁回りなど、部分的な色を変えられるのでシミュレーションツールの中で最も完成イメージがしやすくなっています。 外壁塗装のカラーシミュレーションする際の注意点 カラーシミュレーションツールを使い外壁塗装を行う場合にはいくつかの注意点を守る必要があります。 あらかじめ知っておくことでトラブルを回避できるため、これから塗り替え工事を予定している方は参考にしてください。 面積効果の錯覚に注意 面積効果とは面積の大きさで彩度が上がって見え、明度も高くなって見える現象を指します。 そのため小さいサイズの色見本を参考にすると、実際の仕上がり具合が暗く見えることも。 外壁塗装を明るい色に塗り替える場合は変更したい色よりも落ち着いた色味のものを、暗い色の場合は少し明るい色を選びましょう。 そうすることで実際の仕上がり具合がイメージに近くなるため、塗りなおしなどのトラブルも回避できます。 実際の塗装面まで再現できない 外壁で使われているモルタルは塗装面に凸凹があり、影ができるため色の見え方が大きく変わります。 そのためカラーシミュレーションを使い模様や質感を完全に再現することは難しくなってしまいます。 また塗料によって艶や光沢が違い、仕上がりとイメージに違いが起きてしまうため注意が必要です。 光の再現ができない 実際の外壁塗装では太陽光が当たるため、カラーシミュレーションツールとは色の見え方に大きな違いが出てしまいます。 天候や時間帯によっても見え方が変わりますが、これらをカラーシミュレーションで再現することは難しいため注意が必要です。 カラーシミュレーション以外に色見本帳も活用しながら、色を選ぶことをおすすめします。 ネット環境によって外壁塗装色の見え方が変わる インターネットや画像編集ソフトを使い色を決める場合は、モニターなどの性能によって見え方が変わってしまいます。 そのため色票番号だけで決めてしまうと、イメージと違った仕上がりになる可能性があるため注意が必要です。 選んだ色を印刷した場合もプリンターの性能や濃度設定によって見え方が変わるため、100%信頼できないことを覚えておきましょう。 周辺の景観に配慮する 周辺の環境まで再現することは最新のカラーシミュレーションソフトでもできません。 余程のことがないかぎり景観を乱すことはありませんが、街並みや雰囲気に配慮することも必要です。 外壁塗装色で失敗しない5つのポイント 外壁塗装では実際に施工してみないと仕上がり具合が分からないデメリットがあります。 せっかく高いお金を支払い工事をお願いしたのに、気に入らない色にされるのは困るという方がほとんどでしょう。 外壁塗装色はいくつかの注意点を守ることで、色選びで失敗する確率が格段に減ります。 ここでは外壁塗装色で失敗しない5つのポイントについてご紹介します。 塗板やカタログの色は外で確認する 塗板やカタログを見て気になった色は、室内ではなく外で確認しましょう。 室内で確認するのと太陽光や影になっている場所で確認するのとでは、見え方に大きな違いがあります。 実際の環境に近い状態で色見本を見ると、仕上がりとイメージに大きな差が生まれることはありません。 A4サイズの色板見本を確認する メーカーカタログだけで色を決めると、外壁塗装の色選びで失敗する確率が高くなってしまいます。 カタログで確認できる色は面積が小さいため、実際の外壁塗装と比較すると見え方に大きな違いが出るケースも。 最終的に色を決める場合はA4サイズの色板見本を外壁塗装業者から借りて判断しましょう。 見本を壁にあてて確認する 色選びをする際は実際に塗装する自宅の壁に色板見本を当てて、離れたところから確認しましょう。 壁に当てて見ると現在の壁の色とどのような違いがあるのか、分かりやすくなります。 また離れた場所から見ることで全体のイメージがより具体的になるでしょう。 色選びで迷っている方はこのやり方で、ぜひ試してみてくださいね。 塗装イメージに近い色の家を近所で探す 外壁塗装色が決まった場合は選んだ塗装に近い色の家を近所で探しましょう。 候補に近い色の家を探す理由は施工後の仕上がり具合をイメージしやすくするためです。 周辺地域の雰囲気を確認する 外壁塗装を選ぶ場合は周辺地域の雰囲気を確認することも重要です。 色の外観を好きな色で決められる外壁塗装ですが、景観や環境との調和をしないと「景観法」に抵触する場合も。 あまりにも奇抜な色で塗りあげてしまうと、市区町村側から外壁塗装のし直しを命じられるケースがあります。 もし希望の外観がある場合は外壁塗装業者と相談しながら決めるようにしましょう。 仕上がりイメージを湧かせてくれる外壁塗装業者を選ぶ 外壁塗装色は施工が完了しないと仕上がり具合が分からないため、色選びは重要な過程の一つです。 「塗り替え一番屋」では最新のカラーシミュレーションソフトを専門のスタッフが使い、どのような色になるのかショールームでリアルな体験ができます。 お客様が納得されるまで一緒に打ち合わせを何度も行い、仕上がりとイメージに相違がないよう努めています。 外壁塗装の色選びで悩んでいる方は、お気軽に相談してください。 まとめ 自宅の見た目が決まる外壁塗装の色選び。 「思っている通りの色に仕上げたい」「好きな色で塗装して欲しい」と考えている方も多いのではないでしょうか。 一方で「外壁塗装色の仕上がりイメージが湧かない」「近所や地域との調和が図れる色に仕上げたい...。」など悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは。 「塗り替え一番屋」では実際の写真で塗り替えイメージを確認できるため、具体的な仕上がりが分かります。 またお客様の写真があれば外壁・屋根塗装のカラーパターンをその場ですぐ提出可能です。 相談・見積もり・診断を無料で行っていますので、外壁塗装色選びでお悩みの方はぜひご連絡くださいね。

2021.08.29(Sun)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装色選び

【プロ直伝】外壁塗装色の人気の組み合わせ5選!色選びのコツと注意点

外壁塗装色をツートーンにして自宅の雰囲気を変えたいけど、どうすれば良いか分からないという方も多いのでは。 そんな方が知っておくべき情報として 外壁塗装色の組み合わせパターン 外壁塗装色の選び方 外壁塗装を選ぶうえで気を付ける注意点 外壁塗装は数十万円~数百万円の費用が必要な工事です。 大金を支払うからこそ失敗はしたくないのは当然のこと。 ここでは「外壁塗装色でおすすめの組み合わせパターン」「外壁塗装色を選ぶ際のポイント」「色を選ぶ5つの注意点」についてご紹介します。 外壁塗装色の人気の組み合わせパターン5選 外壁塗装の色を決める際にどのような組み合わせが人気なのでしょうか。 ここでは外壁塗装色の組み合わせパターンと色の特徴についてご紹介します。 ホワイト×ブラック ホワイトとブラックの塗装を縦のラインで分けて存在感のある色分けを行っています。 前回のベージュ系の色と比べて、モダンでハイコントラストな印象を表現できています。 ホワイト×ブルー 艶のあるブルーを塗装したことで前回よりもさらに明るい印象になっています。 サイディングがアクセントになっており、おしゃれな雰囲気ですね。 ブラウン×オレンジ 前回の外壁塗装よりも濃い色に塗装されています。 屋根の色とも相性が良く周囲の景観も崩さずに、明るい雰囲気を醸し出しています。 グリーン×ホワイト 前回の外壁よりもガラリと印象が変わっています。 しかし清潔感があり明るい色合いが、いい感じに仕上がっています。 ブラウン×ブラック ブラウンとブラックに分けることで前回よりも印象がガラリと変わり、おしゃれな仕上がりとなっています。 派手さを抑えられてシックで高級感のある外観ですね。 外壁塗装色を選ぶ4つのポイント 外壁塗装は色の種類が非常に多く、どんな色を選べば良いのか分からいという方も多いのでは。 いくつかのポイントを押さえることで、外壁塗装の色選びで失敗する確率は減るでしょう。 ここでは外壁塗装色を選ぶ4つのポイントについてご紹介します。 色を選ぶ箇所を事前に考える 外壁塗装色を考える場合は外壁材の色を思い浮かべる方が多いのでは。 外壁塗装色を決める場合は「外壁材」「屋根」「付帯部」の3つについて考える必要があります。 とくに付帯部は「破風板」「鼻隠し」「天井裏」「雨戸」「換気口」「雨桶」「水切り」「縁」「帯」があり、塗り替えが必要な場所はどこかを把握しておくことをおすすめします。 また屋根の色も外壁や付帯部との相性を合わせるために重要なポイントです。 外壁塗装色は3色~6色以内に抑える 塗料のカラーバリエーションは豊富にあり、使いたい色が多くなってしまい何色も組み合わせる方がいらっしゃいます。 色を多く使いすぎてしまうとまとまりがない印象の外壁になるため、組み合わせる色は3色~6色程度にとどめることをおすすめします。 A4サイズのカラーサンプルで確認する 外壁塗装業者で色を決める場合は色見本などのカラーサンプルを使います。 また色には面積効果があり同じ色でも面積によって見え方が大きく変わることも。 面積が小さいと色が濃く見えて、面積が大きいと薄く見える現象です。 面積効果で色の選択ミスをしないために、カラーサンプルは大きめのものを使いイメージと実際の仕上がり具合からかけ離れないようにしましょう。 外壁塗装色選びの5つの注意点 外壁塗装で色選びする際は注意点を守ることで、イメージに近い仕上がりとなる可能性が高いです。 ここでは外壁塗装色の5つの注意点についてご紹介します。 自宅周辺の環境を良く見る 外壁塗装色のイメージが固まったあとは近所の家を写真撮影し、周囲の住宅の色と同調しているのか、周りよりも目立たせるのかを決めていく必要があります。 自分が決めた色が周辺の景観を壊していないか確認することも大事です。 近所の建物や街の雰囲気に合わせた色選びをすることで、一棟だけ浮いた家になるという事態も防げます。 面積効果に注意する 外壁塗装の色選びで上げられる一番の悩みは似た色を選択する場合です。 同じベージュ系でもサンプルで見ると同じような色合いに見える場合が多くあります。 とくに塗料メーカーから見せてもらえるサンプルはサイズが小さいため、どの色が良いのか分からなくなることも。 似たような色合いで迷った場合はA4以上の色見本を外壁塗装業者に取り寄せてもらい、面積効果に注意して確認しましょう。 朝昼晩に色見本を見比べる 塗装色を決める際は色見本帳を使うことになりますが、大小のサンプルを比較すると小さい色見本では分からなかった部分が見えてきます。 また室内で見る色見本と太陽光に照らして見る色見本では見え方が大きく違います。 サイズの大きな色見本を使う場合は屋外に出て仕上がりをイメージしましょう。 また朝・昼・晩でも見え方に違いがあるため、それぞれの時間ごとに外へ出て確認することをおすすめします。 カラーシミュレーションを活用する カラーシミュレーションを使うと色見本では分からなかったツートーンも確認できます。 また配合のバランスなど全体像が一目でわかるため、塗り替え後のイメージがさらに分かりやすくなるでしょう。 一方でカラーシミュレーションでは光の当たり具合や影などが分からないため、実際の色味に違いがでることも。 確認するパソコンのモニターやインクの濃度設定により見え方が変わるため、似た色の比較には向いていません。 景観法に注意する 外壁塗装は自分が気に入った色で自宅の外観を決められるため、自由に色を選択する方が多いでしょう。 しかし外壁塗装色を決定する際は「景観法」に注意する必要があります。 住んでいる地域によっては外壁に使用できない色があり、違反すると景観条例に基づき罰せられる可能性も。 居住地区に景観法が定められているのか、依頼する外壁塗装業者に確認するようにしましょう。 外壁塗装色選びは実績豊富な業者を選ぼう 外壁塗装の色選びは非常に難しく、実績の乏しい塗装業者に依頼すると失敗する確率が高くなってしまいます。 「塗り替え一番屋」では名古屋市内を中心に3,800件以上の外壁塗装を行ってきました。 外壁塗装をするとイメージと違った仕上がりになったなんて経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そのような失敗がないよう「塗り替え一番屋」では最新のカラーシミュレーションソフトを使い、専門のスタッフと納得がいくまで打ち合わせをしています。 自宅の色選びで悩んでいる方は、相談・見積もり・診断を無料で行っていますよ。 まとめ 外壁塗装色で一番の悩みはイメージしていた塗装と仕上がりに大きな違いがあることでしょう。 しかしポイントを押さえておくことで外壁塗装で失敗する確率は大幅に減ります。 施工費用が数百万円も必要になってくる外壁塗装だからこそ、絶対に失敗したくないと思うのは当然のこと。 「塗り替え一番屋」では外壁塗装で残念な気持ちにならないよう、実際の家の写真で塗り替えイメージを見れるようにしています。 「外壁塗装色の仕上がりイメージがつかない」「最新のシミュレーションで外壁塗装の色を使い分けたい」という方は、ぜひ一度ご連絡ください。

2021.08.29(Sun)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

外壁塗装では色見本をうまく活用!実際のビフォーアフター紹介

外壁塗装を行うと決めたときに気になるのが外壁の仕上がり具合である方がほとんどなのでは。 外壁塗装業者に相談し色見本を使って選んだけれど、「イメージと掛け離れていたらどうしよう...。」「仕上がりに納得できず色見本を使う意味はあったの?」など不安や疑問を抱かれている方もいらっしゃるでしょう。 ここでは外壁塗装において「色見本の役割」「色見本を使用する際の注意点」「イメージと違った場合の対処法」についてご紹介します。 これから外壁塗装する予定の方は必見です。 外壁塗装の色見本【Before→After】紹介 外壁塗装を施工したもののイメージしていた色と仕上がりが違うなんてことはよくあります。 色見本には「色見本帳」「塗板」「カラーシミュレーション」があるため、ご自身にとって一番分かりやすい方法で外壁塗装色の選択ができます。 また「塗り替え一番屋」では外壁塗装でイメージと仕上がりに違いが起きないよう、実際の家の写真で塗り替えイメージの確認が可能です。 どのような仕上がりになるのか実例を交えてご紹介します。 詳しくはこちら:「外壁塗装の色見本」 ベージュ系の色からブルー系の色に塗り替えしました。 塗料は無機塗料を使用しているため、耐侯性に優れているため長期間安心して過ごせるでしょう。 詳しくはこちら:「外壁塗装の色見本」 ベージュ系の色からブラウン×グレー系のツートンカラーに塗装しました。 落ち着きと温かみのある色が組み合わさり明るく映える外壁に。 施工前とは雰囲気ががらりと変わり、とてもおしゃれに仕上がりました。 詳しくはこちら:「外壁塗装の色見本」 外壁・屋根塗装を同時に行いました。 「ホワイト×ブラウン」から「ホワイト×グレー」に仕上げることで、高級感があり落ち着きのある外壁に生まれ変わりました。 詳しくはこちら:「外壁塗装の色見本」 ホワイト系からグレー系の塗装色に塗り替えました。 周囲の家もホワイト系でしたが、景観も乱さずモダンな色合いの家に。 詳しくはこちら:「外壁塗装の色見本」 「ホワイト×レンガ調ブラウン」からホワイト一色に塗装しました。 雰囲気がパッと明るくなり新築の様な仕上がりに。 お客様が気にしていた結露も抑制されているので、長く安心して過ごせるでしょう。 このように満足いく外壁塗装を行なうためには色見本をうまく活用することがポイントです。 続いては色見本の種類と特徴をご紹介します。 外壁塗装の色見本の種類と特徴 外壁塗装の色を決める際は多くの方が色見本帳を参考にされているでしょう。 じつは色見本ができるのは大きく3種類に分けられています。 色見本帳 外壁塗装で色を決める際に一番最初に使うのが色見本帳です。 厚紙に実際の外壁塗装で使用される塗料が塗られており、さまざまな種類の塗料を一度にすべて確認できる大変便利なものです。 色見本帳は塗料メーカーが作成しており、色番号を伝えることでメーカー側に発注できます。 すでに使用する塗料が決まっている人や好みの色を調べたい人におすすめの見本です。 塗料を塗った塗板 塗板はA4サイズの板に外壁塗装で使う塗料を塗ったものです。 厚紙で確認できる色見本帳と比べて、家の仕上がりに近くイメージがつかみやすい色見本となっています。 塗板を作成するには費用が発生する可能性があるため、塗板を検討される場合は外壁塗装業者に確認することをおすすめします。 カラーシミュレーション カラーシミュレーションは実際の家の写真をパソコンに取り込み、複数のカラーパターンを並べて比較ができます。 また外壁だけではなくサッシ・玄関回りの部分的な色や、ツートンの外壁をシミュレーションが可能。 「外壁塗装色が決まらない」「さまざまな色の完成イメージを試したい」といった方はカラーシミュレーションを使うようにしましょう。 外壁塗装で色見本を使用する際の注意点 外壁塗装の色は基本的に色見本を使う必要があります。 しかし色見本を使う場合は気をつけておきたい点も。 ここでは外壁塗装で色見本を使用する際の注意点についてご紹介します。 どんな色の外壁にしたいか方向性を決める 外壁塗装の色を決める際はどんな色にしたいか方向性を決めることが重要です。 しかし「ブラック系にしよう」「ベージュとブラウンのツートンに決めた」というように、最初から色を明確に決める必要はありません。 色見本を見ずに選んでもイメージと実際の仕上がりが違い、納得できない可能性があります。 頭の中でイメージを思い描き決めるよりも、色の系統・方向性を定めて外壁塗装業者と相談しながらじっくり選ぶのがポイントです。 近所の建物を参考にする 外壁塗装色の印象が決まったら、近所の建物がどんな色にしているのか参考にしてみましょう。 自分が決めた色に近い建物があれば、色見本と照らし合わせてみることで仕上がりがどのようになるのかイメージしやすくなるためです。 また色見本でイメージが湧かない場合でも、近所の建物を探してみることで自分が気に入る色が見つかるかもしれません。 外壁塗装の色選びは重要な工程であるため、自分の目と色見本の2つを使い選ぶことをおすすめします。 最後まで相談に乗ってくれる外壁塗装業者を選ぶ 外壁塗装の色選びを1人で決定するのは非常に難しいです。 自分だけで決めても仕上がりが色見本と全く違ったものになるケースがあります。 そのような失敗をしないために外壁塗装業者との相談は欠かせません。 色選びに強く最後まで相談に乗ってくれる外壁塗装業者であれば、さまざまなトラブルに対応してくれます。 「塗り替え一番屋」では自分好みの色・近所の家との調和・個性的な色まで豊富なパターンも。 お客様が納得するまで専門のスタッフと一緒に打ち合わせを行うため、仕上がりに色のイメージとかけ離れる確率は低いです。 外壁塗装がイメージと違った場合の対処方法 外壁塗装の色を注意して選んだのに、塗装後の家が思っていた色と違った場合はどうすれば良いのでしょうか。 ここでは外壁塗装がイメージと違った場合の対処方法についてご紹介します。 外壁塗装業者に相談する 思っていた塗装色と全く違う場合は外壁塗装業者に相談するようにしましょう。 「イメージと違うなぁ...。」と迷いながらもハッキリ伝えないと、工事はどんどん進んでしまいます。 施工が完了してから伝えてもどうすることもできない状態になることも。 おかしいと感じた場合はできる限り早く話し合うことをおすすめします。 使用された塗料が正しいか確認する 施工後の塗装が相談していたカラーと大幅に違った場合は、依頼した塗料が使用されているか確認するようにしましょう。 万が一違っていた場合は塗り直しの要求が可能です。 同じ塗料を使っていた場合でも塗料が乾く前と後で大幅に印象が違うケースがあります。 その場合は外壁塗装業者に確認をして、しっかり説明を受けるようにしましょう。 塗料が変更可能か話し合う 塗料は間違っていないけれど実際に塗装し始めて納得ができなかった場合は、塗料の変更が可能か外壁塗装業者に相談しましょう。 施工が始まった初期段階であれば、上乗り塗料を変更するだけで対処できるケースがあります。 全て塗った後に再塗装すると追加費用が必要になるため注意が必要です。 塗料が変更可能かどうかに関しては早めに相談することをおすすめします。 色選びに強い外壁塗装業者を選ぶ 外壁塗装の色選びで失敗したくない方は色選びに強い外壁塗装業者を選びましょう。 「塗り替え一番屋」では名古屋市内を中心に3,800件以上の外壁塗装を施工してきました。 「外壁塗装の仕上がりが想像できない」「近所の家の外壁塗装と調和を図りたい」などの悩みがある方も多いでしょう。 そのような悩みにお応えできるよう、お客様が納得できるまで打ち合わせを行っています。 まとめ 色選びは外壁塗装で重要な工程の一つです。 色選びで失敗すると次回の外壁塗装まで十数年待つか、再塗装で追加費用をだすかどちらかになるでしょう。 そのため外壁塗装をする場合は外壁塗装業者としっかり相談して決めましょう。 「塗り替え一番屋」では最新のカラーシミュレーションソフトを使い、イメージと仕上がりに相違がないよう専任のスタッフと打ち合わせをして決定します。 名古屋市内で外壁塗装の色選びに悩んでいる方は、相談・見積もり・診断を全て無料で承っていますので、ぜひ一度ご連絡ください。

2021.08.17(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

塗装色

外壁塗装の人気色トップ5!組み合わせで失敗しないコツも解説

十数年に1回の割合で行う外壁塗装。 以前とは違ったカラーで塗りなおし、雰囲気を一新したいと考える方も多いのではないでしょうか。 自身が気に入る色を選ぶのは良いですが、外壁塗装にも人気色・汚れが目立つ・目立たないなどがあります。 ここでは外壁塗装の「人気色トップ5」に加えて「汚れが目立つ色・目立たない色」「外壁塗装色の組み合わせで失敗しない3つのコツ」「風水の観点から選ぶ外壁塗装色」についてご紹介します。 外壁塗装の人気色トップ5 外壁塗装を行う際は色を選ぶのも重要なポイントの一つです。 しかし何色を選べば良いか分からないという方もいるのでは。 ここでは外壁塗装において人気がある色「トップ5」をご紹介します。 ベージュ系 1番人気がある外壁塗装の色はベージュ系です。 ベージュ系は温かみがあり安心感を持っているため、見る人にとってマイナスの印象を与えにくい色です。 また落ち着いた印象の色合いであるため周囲の建物と調和が取れやすく、和洋問わずどんな系統の家にも合うメリットがあります。 ホワイト系 ホワイト系の色は周囲との調和が取れやすく幅広い年代から好まれる色です。 透明感があり明るい印象と清潔感を感じられるのが魅力といえるでしょう。 一方でコケやカビなどの汚れが目立ちやすいというデメリットも。 シリコン系・フッ素系の塗料はゴミが付着しにくい性質のため、汚れが目立ちにくくおすすめです。 グレー系 外壁塗装色の中でグレー系は人気がある色です。 人気の理由は汚れや経年劣化が目立ちにくく、シンプルでモダンな印象にあります。 また重厚感があるグレー系の色は周辺地域の景観とマッチしやすいため、地域に調和する色かどうか心配という悩みは無用です。 ブラウン系 ブラウン系の色は汚れが目立ちにくい性質を持っており、自然な色で温かみがあり落ち着いた印象を感じさせてくれます。 またサイディングでタイル張りやレンガ調になっている家と相性が良く、一層ぬくもりがある家を思わせてくれます。 ブラック系 ブラック系の外壁塗装色はインパクトが強く存在感の増した自宅を演出してくれます。 その理由は何といっても黒が本来持つ「重厚感」「高級感」といった部分ではないでしょうか。 また黒は有彩色であるため組み合わせた色を際立たせて、落ち着いた雰囲気を持たせてくれます。 高級感のある家に生まれ変わらせたいと考えている方は、ブラック系の外壁塗装色はおすすめです。 外壁塗装で汚れが目立つ色・目立たない色は? 外壁は常に雨や風にさらされているため、色によっては汚れが目立ってきてしまいます。 色によって汚れを目立たせなくできるのであれば、外壁塗装を違った色に変えたい方も多いのでは。 ここでは外壁塗装で汚れが目立つ色・目立たない色についてご紹介します。 汚れが目立つ外壁の色 汚れが目立ちやすい色はホワイト系とブラック系であるとされています。 とくにホワイト系は綺麗な状態であると清潔感がありますが、明るい印象を持っているため付着した汚れを際立たせてしまうデメリットも。 どうしてもホワイト系の塗装が良いという方は、白みが弱めのオフホワイトがおすすめです。 ピュアホワイトが良いという方はセルフクリーニング機能を持つ防染塗料と高耐候フッ素塗料を使用し、コーティング剤を上乗せすることで汚れに強くなるでしょう。 汚れが目立たない外壁の色 グレー・アイボリー・クリーム・ベージュ・ブラウンは汚れが目立たず長持ちする色とされています。 中でも目立ちにくいのはグレー系の色です。 外壁の汚れの原因となっているカビ・コケ・砂埃は中間色であり、グレー系は汚れとの色の差が少ないため目立ちにくいとされています。 一方で赤や紫など原色系の色は日焼けが起こりやすいため注意が必要です。 また経年劣化で色あせが起きると変色が目立ち、実際の年数よりも古く見えてしまうデメリットがあります。 外壁塗装色の組み合わせで失敗しない3つのコツ 外壁塗装の色を組み合わせる際に失敗しないためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。 色見本帳やシミュレーション画像で確認しても、イメージしていたものと仕上がり具合に大きな差が出る可能性も。 ここでは外壁塗装の組み合わせで失敗しない3つのコツについてご紹介します。 面積効果を考慮して色の組み合わせを決める 「面積効果」とは明るい色は面積が大きくなると明るく見え、暗い色は面積が大きくなると暗く見える作用のことを指します。 この面積効果の作用を知らないと、イメージしていた外壁塗装色と全く違う仕上がりになる可能性があります。 色の組み合わせを外壁塗装業者に相談する際は「色見本帳」「塗板」「カラーシミュレーション」で確認することに。 実際の家は太陽光が当たるため、カタログなどで見たイメージと異なることを念頭に置きましょう。 シミュレーション画像を試すときは注意が必要 実物をイメージしたシミュレーション画像であれば問題ないと思う方も多いのでは。 じつはシミュレーション画像で使われる色は実際の外壁塗装色とは見え方が違います。 パソコンのデータ上で作り出された色ということもあり、現実で使われる塗料と全く同じというわけにはいきません。 また使用しているモニターやブラウザによって映像も変わるため、実際の外壁塗装色と完全一致させるのは難しいといえるでしょう。 あくまで色のイメージが湧かないときの参考程度に収めておいた方が良いといえます。 組み合わせる色が決まったら肉眼で確認する 組み合わせる外壁塗装色が決まった時点で、近所にイメージに近い家がないか探すことをおすすめします。 全く同じ組み合わせの色はないとしても、1色だけ同じ色を使っている家が見つかれば仕上がりのイメージがつかみやすいはず。 外壁塗装業者が用意してくれたサンプルやシミュレーション画像だけでは不安という方は、近所を散策してみると良いでしょう。 サッシ・ドアとの相性を考える 外壁色の色を組み合わせるときは外壁を中心に考えてしまいますが、サッシ・ドアなどの付帯部分との相性も重要です。 サッシ・ドアと外壁塗装色の組み合わせが悪いと、外壁が良い色でも全体のバランスが崩れてしまうため注意しましょう。 外壁塗装色で風水を取り入れてみよう 外壁塗装の色が決まらない場合は風水を取り入れて運気を上げるのもおすすめです。 外壁は面積が大きく常に取り囲んでくれているため、多大な効果が得られるという説があります。 ここでは外壁塗装の色ごとに期待できる運気をご紹介します。 ベージュ系 高級感・気品があるベージュ系の色は人から好印象を受けやすく、良い人間関係を築けるといわれています。 ホワイト系 清潔感・明るさを象徴するホワイトは家庭や仕事が充実するとされています。 グレー系 真面目・誠実という意味を持つグレー。仕事運の上昇とリラックス効果を期待できるカラーです。 ブラウン系 安心・堅実・信頼の意味を持つブラウン系はゆったりと落ち着きのある生活ができるカラーとされています。 ブラック系 お金を散財から守ってくれる点で金運アップの効果も。関わりたくない人を寄せ付けず、身の回りの人間関係を良好にするとされています。 風水で外壁塗装色を決める場合は色によって持っている意味や効果もバラバラであるため、どのような効果が欲しいのかを考えて選ぶようにしましょう。 外壁塗装色までしっかり打ち合わせしてくれる業者を選ぶ 外壁塗装色はイメージと仕上がりを一致させるのが非常に困難だと思っている方も多いのでは。 「塗り替え一番屋」では実際の家の写真で塗り替えイメージが見れるため、自分好みの色や近所の家との調和する色がいまいち分からない方でも安心できます。 また最新のカラーシミュレーションソフトを使い、専門のスタッフと相談しながら外壁塗装色を決められます。 ショールームにてリアルな体験が可能なので、気になる方はぜひお問い合わせください。 まとめ 外壁塗装の工事費用は百万円前後の大金が必要であるため、外壁塗装色を選ぶのに慎重になるのは当然のことです。 イメージしていた色と実際の仕上がり具合が違っていたらどうしようと不安になる方も多いのでは。 「塗り替え一番屋」ではお客様が納得するまで一緒に打ち合わせ行い、思った色のイメージ通りに仕上げたいという方にも安心いただいております。 色選びは外壁塗装において重要な過程の一つです。 名古屋市内で外壁塗装色についてお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

2021.08.17(Tue)

詳しくはこちら

外壁塗装の色関連情報

名古屋の外壁塗装&雨漏り専門店 塗り替え一番屋ホームページへようこそ

塗り替え一番屋
代表取締役中村一徳
KAZUNORI NAKAMURA

外壁塗装の色関連情報での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひウォール株式会社にご相談ください!

確かな技術力を提供し続けている「名古屋地域密着の塗り替え一番屋」と申します!

塗り替え一番屋では、私が職人出身ということもあり、他社にはない「技術力」という点にこだわっております。なぜなら、塗装は同じ塗料・同じ道具・同じ工程で行ったとしても、職人の技術力によって品質が大きく変わってくるからです。
塗装という商品は繊細で、常にお客様のお家の状態をよく観察します。それに合わせて1塗り1塗り丁寧に行わなければ、塗料の性能を100%引き出すことは不可能です。
塗り替え一番屋では、塗装専門店として、名古屋市中川区・港区・熱田区・中村区に住む方のお家を長持ちさせるお手伝いをしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

名古屋地域の屋根・外壁を安心安全に塗装して長持ちさせるために全力を尽くします。

塗り替え一番屋の事が良くわかる特別ムービー

  • 名古屋ショールーム アクセスマップ

    住所
    〒454-0921
    愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
    連絡先
    TEL:052-364-6641 
    FAX:052‐364‐6643
    営業時間
    9:00~18:00 水曜日定休

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料お気軽にお電話ください

0120-364-664
受付時間 9:00~18:00 水曜日定休

無料お見積依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
来店予約でクオカードプレゼント!

塗り替えブログ・新着情報STAFF BLOG

ホームページをご覧の方へ 今だけ限定価格 外壁塗装49.28万円 アパート・マンションの塗装をお考えの方へ 屋根外壁塗装相談会 もちろん無料!詳しくはこちら 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!!
お客様の声詳しくはこちら 塗り替え一番屋のスタッフ紹介

お見積・資料請求はこちらから

0120-364-664受付 9:00~18:00 水曜日定休

お問い合わせフォーム

塗り替え一番屋 名古屋市の外壁塗装&雨漏り専門店塗り替え一番屋
名古屋ショールーム

〒454-0921
愛知県名古屋市中川区中郷5丁目54
TEL: 052-364-6641
FAX: 052‐364‐6643

対応エリア

対応エリア図